【WoWs】「ベル以外はダメ」、ちょっと待った

World of Warshipsの英巡洋艦ベルファストとフィジーは煙幕射撃で戦います。

ですから、「フィジーがよく頑張った」とか「ベル以外はダメ」と言われると、英巡フィジーを乗っている者として「それは違う」と言っておきます。

 

英巡ベルファストとフィジーの戦い方

ベルファストとフィジーは敵の近くに突進し、あるいは敵の進路上で待ち伏せて、煙幕を展開して敵を叩きます。

煙幕を通して自分も敵も見ることはできません。

煙幕射撃は「味方の視点を使って敵に射撃する」ことになります。その一方で、敵には視点となってくれる味方しか見えないので、「味方に一方的にダメージを押し付ける」ことになります。

わたしが英巡フィジーで戦う時は、煙幕射撃をする代わりに、他の巡洋艦たちがやりたがらない、「駆逐艦の支援」に、「CAP」にと前線で戦います。

 



ベルファストのスコアが良い理由

World of Warshipsには変なルールがあります。

巡洋艦のHE弾で戦艦が炎上していると、その戦艦が主砲弾を浴びて、轟沈すると撃沈スコアは炎上させた巡洋艦がとります。

今まで戦艦バイエルンとかで敵の巡洋艦を撃ち、バイタルを抜いてきましたが、味方の巡洋艦や駆逐艦が炎上させていると、撃沈スコアをもれなく持っていかれます。

英巡洋艦ベルファストはHE弾で敵を炎上させるのが得意です。一方英巡洋艦フィジーにはAP弾しかありません。

つまり、ベルファストは敵を炎上させたら、あとは味方がその敵を叩いて撃沈してくれたら、もれなく撃沈スコアが貰えます。

 

「ベル以外はダメ」それは違うでしょ

ケーニヒスベルクで戦っている時に、ミニマップを見ると味方のベルファストが何度も敵の前で停止します。

あー、煙幕射撃をしているなと分かります。

konigsberg_bell_1s

ケーニヒスベルクは敵戦艦ニューヨークにHE弾を浴びせます。

左側の煙幕の中から、ベルファストもニューヨークを打ちます。

敵戦艦シャルンホルストがベルファストの煙幕の前にいますが、なぜか遠くのニューヨークを撃っています。

konigsberg_bell_2s

ケーニヒスベルクは3隻の敵に睨まれながら、必死に回避運動をして敵のニューヨークを叩いて追い詰めます。

そこに、敵のシャルンホルストの主砲弾が降り注ぎます。

敵のシャルンホルストは、近くのベルファストを煙幕で撃てないので、わざわざ遠くのケーニヒスベルクを撃っていることになります。

味方の戦艦とベルファスト、ケーニヒスベルクの3隻で叩いてようやく敵のニューヨークを撃沈しますが、撃沈スコアはベルファストが取りました。

 



ベルファストの「クラーケン来襲」

konigsberg_bell_4s

この後、ケーニヒスベルクは敵の戦艦長門に魚雷を浴びせ、

konigsberg_bell_6s

味方の戦艦が叩いていた敵の巡洋艦ヨルクを叩きますが、ベルファストが最後に命中弾を与え「キルパク」します。

ベルファストはまた停止して煙幕の中のようです、ケーニヒスベルクは敵の攻撃のダメージが累積して轟沈します。

ベルファストはその後、「クラーケン来襲」を取得しますが、ここでチャットに「ベル以外がねぇ。。」の発言が飛び出してきます。

もちろん、ベルファストのスコアはダントツ一位ですし、頑張ったとは思います。

でも、ベルファストの戦果は味方が「視点」になり、「被害」を引き受け、ベルファストが「炎上」させた敵艦を味方が叩いたおかげだと言うことは忘れないでください。

そうでもなかったら、目の前のシャルンホルストを放置して、わざわざ遠いニューヨークを炎上させに行かないですから。

逆に言うと、ベルファストでどうやったら「クラーケン来襲」を獲得できるかが、これでよく分かると思います。

 

LINEで送る
Pocket