【WoWs】お久しぶりのペラ艦ペンサコーラ

米巡洋艦ペンサコーラの艦長さんは、空母に、ランク戦にと引っこ抜かれた関係で3代目になります。

ペラ艦のペンサコーラはWorld of Warships全体の平均勝率はビリの46%です。

しかも、不味いことにその上のTier8のニューオリンズもビリから2番目の46%です。

と言うわけで、米巡洋艦ツリーは攻略中止を決めています。

だから、いつも艦長さんを引っこ抜かれています。

 

練習抜きで出撃

ところが、経験値100%UPにつられて数ヶ月ぶりに出撃します。

(Tier10の巡洋艦の中で米巡デモインがベターですから、少しは進めておこうと)

 

マッチングは最悪でした。

敵はOP艦の空母サイパン、味方は最弱の空母レンジャーです。

World of Warships全体の平均勝率はそれぞれ55%と39%とですから、負け確定でしょうか。。

 

味方の駆逐艦を支援するために、島影を目指しますが。。

敵サイパンの雷撃機2編隊が迫ります。

ペンサコーラは敵雷撃機に予定外のSPOTをされ、敵艦から2ロックされます。

左旋回で回避運動をしながら対空防御砲火を発動し、雷撃編隊を撃滅します。

ペンサコーラは30ノットそこそこの速度しかでない鈍足巡洋艦です。

おかげで、ペンサコーラのすぐ後にはノースカロライナとクリーブランドがいました。

敵の雷撃隊は全滅して当然ですね。

 

また敵の艦載機にSPOTされ敵艦にロックされます。

ペラ艦は臆病なので、もう一度転舵して引き撃ちに入ります。

直後に敵のビスマルクから主砲弾が打ち上がってきます。

転舵を続けますが。。手痛いダメージを受けます。

回避できなかった理由はたぶん2つ、

1つ、転舵するのを見られていた

2つ、ペンサコーラの鈍足で90度旋回では、敵のビスマルクの散布界から遠ざかっていない

でしょうか。。

 

戦艦と巡洋艦でCAP

味方の駆逐艦がSPOTし、ペンサコーラと、味方の戦艦ノースカロライナとクリーブランドでCAPします。

敵の逃げ足が速いので、ペンサコーラの射程内の敵はいません。

クリーブランドも同様でしょう。

後ろには味方の鈍足戦艦2隻いますが、追いつけません。

つまり、実質味方の戦艦ノースカロライナだけで戦っていることになります。

逃げる敵を追っていはいますが。。危ない状態です。

CAPを完了すると、ペンサコーラは敵を求めて前進します。

 

ようやく敵のビスマルクを射程に捉えて斉射します。

即座に転舵しますが、敵の巡洋艦アルジェリーに叩かれます。

うーん、プレイがボロボロ。。

右砲戦で戦っていますが。。

右側の敵からすると横腹を晒している間抜けに見えます。

右側の敵に艦首を向けて、左砲戦で左側の敵ビスマルクを撃つべきでしょう。

右砲戦で戦うにしても、ビスマルクには前部砲塔だけを向けるとかにしないと。。

 

 

追撃戦

味方はCAPしようと中央で戦っていますが、ペンサコーラは敵のティルピッツを追い続けます。

鈍足だからと言うのもあるし、敵に逆サイドで撃たれるよりも、敵の逆サイドで戦うのが有利だからです。

敵のティルピッツは戦艦とは思えない機敏さで旋回するのでなかなか命中しません。

ようやく敵のビスマルクに火災を起こさせますが。。

v0.6.10のド派手な火災エフェクトのせいで、火災1でも大炎上に見えます。

 

味方からの集中攻撃依頼を受けて、照準を敵のニューメキシコに移します。

敵のビスマルクとニューメキシコから激しく攻撃されますが、回避します。

3斉射で敵のニューメキシコを撃沈します。(キルパクですね)

敵のビスマルクを叩きますが。。なかなか命中しません。

戦艦とは思えない激しい回避運動です。(この方、元駆逐艦乗りでしょうか?)

時折、旋回して反撃してきますが、ここは冷静に敵弾を見て回避します。

味方は押しているのに、CAPがなかなか進みません。

ペンサコーラの他に味方の駆逐艦2隻がビスマルクを追撃しています。

この2隻の駆逐艦はCAPを全然しませんね。

ずーっと味方の戦艦と巡洋艦でCAPをしています。

(きっと、この2隻の駆逐艦プレイヤーは、普段は神風でハンティングをしているのでしょう。。)



敵の反撃で痛い目に


味方の暁が敵の艦載機に沈められると、敵のビスマルクが反転して反撃にでます。

ペンサコーラは、散々外しながら敵のビスマルクを炎上させます。

火災1つでもド派手な炎上効果を見せるので、どのくらい致命的なのか分かりません。

(まったく、オイルタンカーじゃあるまし。。やりすぎ)

 

反撃してくる敵のビスマルクに対して、味方のシムスは煙幕に立て篭もります。

ペンサコーラはビスマルクと距離を取ろうと、隙を見て転舵します。

でも距離はすでに8.6Kmです。

ペラ艦のくせに逃げるのが遅すぎ。。

味方のシムスが突撃して、ビスマルクに至近距離から魚雷を打ち込みます。

敵のビスマルクを瀕死に追い込みますが。。

生き残ったビスマルクに返り討ちされて、味方のシムスが轟沈します。

うーん。。

このビスマルクは激しく回避運動をする方です。

シムスは敵の艦首に魚雷を撃ってしまったのでしょう。。

 

Co-op戦では駆逐艦や巡洋艦でよく使う戦法ですが。。

ランダム戦では、無理な角度で早打ちして失敗することが多いですね。

 

敵のビスマルクは瀕死ですが、ペンサコーラのHE弾で沈めるには時間がかかります。

ペラ艦のくせに接近しすぎたのが仇となり、

相打ちになりました。

「かすり傷さ」メダルは久しぶりです。

なんだかなー。。

結局、敵のビスマルクに「負けたけど、両手に撃沈スコア」させてしまいました。



成績

成績は普通です。まあ、久しぶりですから。。

敵空母サイパン、味方空母レンジャーでしたが勝ったんだ。。

ペンサコーラはTOP3でしたが、反省点が多数あるので喜んではいられません。

味方のシムスの方はランク3の方で、撃沈スコアなし、占領ポイントなしでTOPになっていました。

一方、味方の暁はどん尻です。

AFKなみのポイントしか貰っていません。

駆逐艦がCAPを放棄して、戦艦狩りに失敗すると痛いですね。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket