【WoWs】わたしのランク戦シーズン6をまとめる

ランク戦は17戦ほど参戦し、勝率は65%でした。

最後は3連勝ぐらいしてから、ずーっとランク戦は保留にしてました。

その間に英巡ツリーを駆け上がり、英巡フィジーで最後の勝利を収めることができました。

罵声を飛ばすゲーム実況(「ハローハロー」の人)を見てやる気を失いましたが、気にせずもっとランク戦を楽しんだら良かったかな。。

 

ランク戦で活躍した艦のランキング

参加艦艇は、グナイゼナウ、ペンサコーラ、妙高、フィジーの4隻です。この4艦を(わたしの戦績で)ランキングをつけてみると。

 

一位、フィジー

fiji_rank_first_20s

成績トップは、ランク戦を煙幕で煙たくしたフィジーです。

ランク戦はCAP争奪戦ですから、ランダム戦でも前線に張り付く英巡が一番向いていました。

 

二位、グナイゼナウ

gneisenau_rank_kill3_22s

わざわざビスマルクの艦長(ランク15)を移動させての参戦でした。

副砲特化したグナイゼナウはほとんど居ないでしょう。

7.6Kmに接近した敵を副砲で炎上させたり、以前手動ロックした駆逐艦が現れた瞬間に副砲が即座に反応したりと、敵の方はびっくりしたのではないでしょうか。

グナイゼナウは一緒についてきてくれる味方が居れば、戦場を走り回り、敵を撃破することができますが。。味方の戦艦が長門だとちょっと。。

 

三位、ペンサコーラ

pensacola_rank_top_41s

ペンサコーラは平均を上回る活躍でした。

ただ、ペンサコーラは走り回って、隠蔽ー>防御の姿勢を作ってー>狙撃を繰り返す艦です。

だから、CAP争奪戦で活躍できる場面は限られていました。

 

最下位、妙高

全然ダメなのは妙高でした。

妙高は駆逐艦の支援やCAP争奪戦が苦手なので無理もないですね。

妙高プレイヤーの中には「巡洋艦の役割は戦艦を燃やすことだ」と勘違いしている方もいると思います。

ペンサコーラやフィジーからすると、妙高はいつも腹を晒して走り回っているので、AP弾で狙撃する対象にしか見えません。

 

LINEで送る
Pocket