【WoWs】グナイゼナウ、クラーケン来襲メダルをゲット

「クラーケン来襲」メダルは敵艦を5隻撃沈した時に貰えます。

これはなかなか取れません。

敵艦3隻撃沈とか4隻撃沈とかは沢山あるのに、どうにも5隻撃沈に手が届かない。。

きっと時が解決してくれるだろうと。。思っていたら1年以上かかってしまいました。

 

グナイゼナウで復帰戦

コンバットミッションのために戦艦でランダム戦に行こうとすると、空母が待機していることが多いです。

天城を目指して長門を育成中ですが、対空力のあるグナイゼナウで出撃しました。

 

結果は3連敗です。

敵のクラン集団に対して、味方はソロ寄せ集めだったり。。

制空権無し初心者加賀だったり。。

二人の兄弟マップで優勢な敵にと遭遇した味方のシムスが、中央の水道を通って逝ってしまったり。。

ひどいマッチングは健在です。

連敗を避けるには他の艦に乗るのが一番ですが。。

グナイゼナウの調子は上向いているので、次はイケるだろうと懲りずに出撃します。

 

4戦目、空母マッチング

マッチングは味方の空母が加賀、敵の空母がサイパンでした。

どちらもOP艦ですし、艦種もバランスが取れているように見えました。

「ホットスポット」マップの通常戦だと北側の敵は右翼の島影を通って敵が攻め込んで来ることが多いような気がします。

一方、南側の味方は左側の島越しに攻勢を掛けることが多いです。

グナイゼナウは守りよりも攻めの戦艦ですから、左に(中央へ)進みます。

このマップは狭いせいか、味方の加賀の戦闘機が敵のサイパンを距離18.8Kmに発見します。

AP弾斉射!

命中1、ダメージ3614

もし、初動で敵空母を撃沈できたら確実に勝てます!

そこに、味方のデューク・オブ・ヨークが立ち塞がります。

デュークさんどこ撃ってるのさ!

敵のサイパン撃たないのなら退けてよ!

ところが、味方のデュークはグナイゼナウの舳先でバックを始める始末。。

これで敵のサイパンを見失いました。。(ため息)

 

敵サイパンを求めて突出

敵のサイパンを追撃するため北上します。

旋回する敵のラ・ガリソニエールに前部砲塔で斉射!

1隻目を撃沈しました。

味方の陽炎とグナイゼナウが前進することで、島影にいた敵が刈りとられた感じです。

それにしても、敵の主力はどこにいるのかな。

ラ・ガリソニエールの背後にいた敵のグナイゼナウの砲撃をヒョイと回避しながら、AP弾を喫水線に打ち込みます。

命中!

左から敵のプリンツ・オイゲンがAP弾を、

右からは敵のデューク・オブ・ヨークがHE弾を撃って来ます。

なんとか敵のグナイゼナウにトドメを刺そうと追撃しますが。。

もう限界!

というか、島影を縫って敵のデューク・オブ・ヨークが味方陣地に迫っていますが。。たぶん敵は他にもいるでしょう。

味方の陣地の防衛にはエディンバラしか居ません。

陣地防衛のため転舵をしながら、敵のサイパンを見つけてAP弾を打ち込みます。

敵のサイパンのバイタルを抜きます。

あと2斉射できたら。。

敵の雷撃機が味方駆逐艦を雷撃した魚雷を危うく回避します。



味方陣地の防衛戦

敵の主力、戦艦2、巡洋艦1、駆逐艦1が味方陣地に迫っています。

敵のデューク・オブ・ヨークのバイタルを抜くチャンスですが、装填しているのはHE弾だし、そもそも砲塔の旋回が間に合いません。

島のギリギリを走り抜けて、敵のデューク・オブ・ヨークに魚雷攻撃をかけるつもりでしたが、味方のダンケルクが邪魔です。

並んで行くと、魚雷攻撃に必要な行動の自由が無くなります。

ダンケルクの背後を回っていきます。

結果として、敵のヨルクの雷撃を受けずに済みました。

さあ、グナイゼナウが一番得意とする敵との接近戦です。

味方のエディンバラが敵のデューク・オブ・ヨークを撃沈しましたが、直後に敵の雷撃機で轟沈します。

戦う相手は戦艦ニューメキシコとヨルクだけです。

座礁バック中の敵のヨルクの横腹を叩いて、

2隻目を撃沈します。

次は、敵の戦艦ニューメキシコをグナイゼナウ得意の接近戦で料理します。(楽しい)

右舷魚雷を流して、

前部砲塔で叩きます。

そこに魚雷が流れていき、3隻目を撃沈します。

「あれ、クラーケン来襲のチャンスがあるかも」と思い始めます。

味方陣地が静けさを取り返します。




危険な追撃戦

味方の加賀が敵の駆逐艦に撃沈されます。

敵駆逐艦は味方のデューク・オブ・ヨークとモロトフに任せて、敵を求めて北上します。

敵のグナイゼナウに斉射!

4隻目を撃沈しました。

「あらあら、クラーケン来襲いけるんじゃない」

あとは敵陣地を占領するだけと楽勝ムードが漂います。

ところが、直後に味方のダンケルクが敵の雷撃機に撃沈されます。

味方のシャルンホルストが敵陣地占領に向かいますが。。これは危険です。

敵の空母はすでに撃沈スコア4ですし、敵の空母の想定位置はB4かB5と近いです。

敵の雷撃機に反復攻撃されると、戦艦なんてあっという間に沈みます。

グナイゼナウは敵空母の想定位置へと急ぎます。

その間も、味方のシャルンホルストが敵の雷撃機に襲われます。

グナイゼナウの防空圏のちょい外ですが。。高速のシャルンホルストを追いかけて守ることはできないでしょう。

敵のサイパンを発見します。

HE弾を斉射!

命中6、火災1(AP弾の方が良かったかな。。)

火災はすぐに消されてしまいます。

その間に、味方のシャルンホルストが撃沈されてしまいます。

グナイゼナウは敵の雷撃機の攻撃を受けますが、

魚雷2本くらい回避せずに、砲撃体勢を維持します

全砲門、斉射!

もう、敵のサイパンを撃沈できるのはグナイゼナウしかいません。

命中4、火災1

炎上する敵のサイパンを見ながら、(クラーケン来襲を取るまで)長かったな。。と噛み締めます。

5隻目を撃沈し、プレー終了となりました。

 

 

でも通報なんだよね

敵のサイパンからの通報であれば、それは賞賛みたいなもんです。

グナイゼナウは最初から、敵のサイパンを叩いていました。

グナイゼナウの副砲特化ビルドが対空に効果があって15機を撃墜しています。

敵のサイパンからすると、ちょっと横を通るだけで艦載機を削られる嫌な奴だったことでしょう。

グナイゼナウさえ居なければ、敵のサイパンは味方を5隻以上撃沈して勝利のはずでした。

 

追記;

どうも、この外国クランから憎まれているようです。。

 

「クラーケン来襲」メダルを取れたけど

やっとタコを手にしました。

(本当は、右下の「孤高の戦士」メダルの方がずっーと難しいはずですが。。)

 

ただ、試合の内容、敵と味方のマッチングを見ると。。

4試合目もクソマッチングだったようです。

敵はStomeリーグのクランのメンバ3人もいました。

味方の加賀は敵のサイパンにバッタバッタと艦載機を57機も落とされ、箱にされていました。

 

グナイゼナウが敵を5隻撃沈してなければ、悲惨な試合になっていたことでしょう。

恐ろしい。。

 

それに思い出した。。グナイゼナウはこれで1勝3敗です。

まだ2つ負債を背負ってました。。(面倒臭いなぁ。。ため息)

 

追伸:

久しぶりのグナイゼナウですが。。メチャクチャ楽しいです。

期限限定のキャンペーン(北岬沖海戦、年始年末大襲撃)とか、ランク戦とか、どうでも良くなってしまいました。

キング・ジョージVがどうも自分には合わないから、姉妹艦のデューク・オブ・ヨークなんて要らないです。

戦艦ニューメキシコとか、ダメダメなツリー艦なんて自分で買えばいいんです。(買わないけど)

 

今、キャンペーンの影響でデューク・オブ・ヨークが溢れていますが。。

これが、グナイゼナウが普通に遠距離砲戦で打ち勝ったり、突撃して活躍できる原因なのかもしれません。

英戦艦はドイツ戦艦キラーと思っていましたが。。どうも違うようです。

 

 

 

LINEで送る
Pocket