【WoWs】サン・ルイ、武士道とは死ぬことと見つけたり

サン・ルイはそのうちNerfされるので「もうどうでもいいよ」とヤケ気味ですが、サン・ルイの18艦長を無駄に遊ばせる訳にはいません。

さっさとTier10のアンリIVに逃亡させなければなりません。

ところが、サン・ルイは普通に勝っていますが不調気味です。

サン・ルイの戦い方は、入手した頃からだいぶ変わってきています。

 

最初の頃は、「戦艦燃やす」

戦艦を燃やすことに集中すると、与ダメがガッツリ伸びます。

敵戦艦1、2隻を燃やして撃沈していたのはこのころです。

 

次は、「駆逐艦狩り」

敵の駆逐艦を狩ると勝ちますが、与ダメがじゃじゃ下がりします。

敵の駆逐艦狩りは勝つ為に始めました。

サン・ルイの隠蔽距離ギリギリまで前進して、敵の駆逐艦を叩きます。

これが成功すると、味方の駆逐艦のCAPが圧勝し、敵は引き気味になります。

あとは、無理に突っ込んでくる敵を各個撃破して、追撃するだけです。

ただ、CAPポイントでさっさと勝利するので、敵の戦艦を燃やす暇がありません。




最近は、「安全第一」

逃走する敵を追撃中に、敵の大和に吹っ飛ばされました。

そのせいで、プレイが慎重になりました。

敵を普通に叩いて終わってみると、被ダメゼロとかよくあります。

「あなたが最後の味方です」と言われた時に、フルHPだった時は流石にマズイなと思いました。

敵の駆逐艦を狩り、回避盾と島影を使って普通に戦っていましたけど、安全、安全と気にしすぎたかもしれません。




武蔵相手に突撃魚雷

フランス巡洋艦はバイタルパートが海面から盛大に飛び出しています。

なので、敵の戦艦に突撃して魚雷を打ち込むのは禁じ手です。

 

前半折り返し、与ダメは35Kと並みです。

敵のサン・ルイを一方的に叩いたりしてますが、でもやっぱり安全第一プレイです。

敵のモンタナを叩いた後、AのCAPに向かいます。

無線方向探知は敵の存在を示していますが、「敵の駆逐艦だろう」と思ってました。

でも、現れたのは敵の武蔵でした。

敵の武蔵の1斉射を生き延びました。

突撃魚雷のチャンス到来です。(これはスゴイ嬉しい)

魚雷2本命中!

武蔵が艦首を向けてきたので1本外してしまいました。(やるな武蔵)

走り抜けて振り返ると、敵の武蔵が座礁してます。(アホやな武蔵)

左舷魚雷を発射します。

島影に離脱することに賭けましたが、やっぱりダメでした。

魚雷3本命中、浸水3。

敵の武蔵を撃沈して、「かすり傷さ」メダルを貰います。

与ダメは129Kまで伸びました。

ま、ありがとう武蔵!

 

「武士道とは死ぬことと見つけたり」

こいつの意味は「死ぬ気でやれば、道が開ける」です。

「死ぬこと」じゃないです。

 

サン・ルイが沈没してから、別の戦い方の方が良かったと気づきました。

武蔵の砲塔の旋回は鈍足(180度旋回に72秒)です。

武蔵の右舷を通り過ぎた後、右に転舵して武蔵の左舷側に出たら好き放題できたハズです。

あー勿体無いことをした!

LINEで送る
Pocket