【WoWs】ドイツ戦艦グナイゼナウを入手しました

World of Warshipsでは戦艦は主にドイツツリーを進めています。

今回、バイエルンの一つ上のTierのグナイゼナウを入手しました。

 

グナイゼナウとは

戦艦グナイゼナウは同型艦のシャルンホルストは、海軍再建が間に合わなかったドイツの主力艦として、北海から北大西洋、そして英仏海峡と暴れまわりました。

秘密主義の日本海軍と違ってドイツ海軍は記録映像があって当時の両艦を見ることができます。

グナイゼナウの弱点は艦首の錨を収めたくびれです。速度を出すと、ここから波が怒涛のように入り込み、前甲板が洪水となり、一番砲塔の故障が相次いだようです。

World of Warshipsではそんなことは起きませんから、快適に乗回すことができます。

 

長い船体

battleship_gneisenau_2s

こちらがグナイゼナウ。

battleship_bayern3s

こちらはバイエルン。。コンパクトなバイエルンと違って、グナイゼナウは船体が長いです。

 

主砲

グナイゼナウの主砲は28cm3連装砲でした。この主砲は通商破壊作戦で巡洋艦や輸送船を撃破するのには最適でしたが、戦艦同士の戦闘では威力不足でした。このため、グナイゼナウとシャルンホルストはイギリス戦艦との戦闘を常に回避しました。

グナイゼナウは英仏海峡突破のツェルベルス作戦の後にドック入りして、ビスマルクと同じ38cm連装砲に換装する計画がありました。

gneisenau_3s

World of Warshipsのグナイゼナウはこの38cm連装砲に換装したグナイゼナウとなります。

たしか、日本海軍では戦艦が主砲弾を散布界にばらまいたときに、命中させることができる主砲の数を8門としていましたが、このグナイゼナウは6門です。

グナイゼナウの最大のウィークポイントはこの主砲の門数が少ないことです。

 

副砲

28cm3連装砲時代のグナイゼナウは15cm連装砲4基、15cm単装砲4基、10cm連装高角砲7基でしたが、World of Warshipsのグナイゼナウは、12cm連装両用砲が11基になっています(船体B)。

お陰で対空力が大幅に向上していますが、、その代償として対艦火力がバイエルンの60%に落ちています。

 

魚雷

その代わり、このグナイゼナウは戦艦のくせに魚雷が使えます。この魚雷は日本の巡洋艦と違ってかなり前方に発射できるので、今までの戦艦の接近戦のスタイルがガラリと変わります。

 

 

装甲・HP

金剛クラスとは違って戦艦の装甲です。

 

機動性

速度は金剛クラスよりも高速な32ノットです。

旋回半径は830mと、バイエルンの630mよりかなり大きいです。この数値は最大速度の旋回半径なので、速度を落としていればもう少し小さくなるでしょう。

転舵所要時間はアップグレードで旋回を強化すると、バイエルンと同様になります。

 

最大速度で走っている時は魚雷の回避は無理だと思った方がいいでしょう。

駆逐艦や巡洋艦(雷装)が近い時はあらかじめ、魚雷が当たらないように回避するか、艦首を向けるべきでしょう。

 

ドイツの妙義さん?

低い回頭性能、早い速度、的になる長い船体、6門しかない主砲と聞くと、日本の戦艦妙義を思い出します。

では、グナイゼナウはドイツの妙義さんでしょうか?

マップを駆け回って、お助けマンできるという意味ではYESですが、味付けはだいぶ違います。

comp_gneisenau

グナイゼナウはこちら、

comp_myogi

妙義はこちら。

うーん、妙義よりもグナイゼナウの方が長い。。グナイゼナウを乗りこなせたら、妙義をランダム戦に出しても大丈夫でしょうか。。

グナイゼナウは敵に艦首を向けて、青葉のように前部砲塔2基で戦うことができますが、妙義は前部砲塔が1基なので、艦を傾けて戦うしかないです。

やっぱり、妙義の苦行は妙義だけのものですね。

 

グナイゼナウの戦い方

グナイゼナウの高い機動性、圧倒的な接近戦の強さ、重装甲を利用した戦い方は2つです。

横からの攻撃

縦の移動を行って後退し、味方の戦艦が敵を引きつけている間に、高速に横に移動し、敵の横腹から攻撃すると効果的です。

横に機動したらどんどん敵にプレッシャーを掛けましょう。気をつけないと味方から「noob」呼ばわりされます。

 

縦の突撃

高速で敵陣に突入して、敵の戦艦を接近戦で葬り去り、素早く立ち去る。

巡洋艦の集中砲火を浴びて炎上しダメージを受けても、炎上で減ったHPは応急工作班で回復することができます。

実際、この戦法で敵の集中砲火を浴びながら、敵のARP Kirishimaを接近戦で撃沈して、瀕死ぎりぎりで敵から離脱しました。

gneisenau_rash_1s

敵陣に突進開始!ARP Kirishimaはまだ左の遥か遠くです。

gneisenau_rash_2s

敵陣に突入し、前部砲塔だけでARP Kirishimaのバイタルを抜いて、

gneisenau_rash_3s

魚雷で沈めてしまいます。

gneisenau_rash_4s

煙幕を展開してくれた味方駆逐艦に感謝!

この後、応急工作班でHPを8割まで回復します。

敵の戦艦シャルンホルストが、逃げるグナイゼナウを無理に追撃して島に座礁し、グナイゼナウと味方から集中砲火を浴びせて、共同で撃沈する戦果もありました。

ARP Kirishimaのプレイヤーの方からすると恐怖の瞬間だったと思います。(すみません)

普通、こんなプレーをすれば沈没しますけどね。。鈍足ドイツ戦艦時代(カイザー、ケーニヒ、バイエルン)からは考えられなかった戦い方ができるのがとても魅力です。

グナイゼナウで金剛クラスと何回か戦いましたが、前部砲塔だけのバイタル抜き、魚雷を使った接近戦と簡単に撃沈できます。金剛に乗っている時は、グナイゼナウに要注意です。

 

ただ、最近敵にドイツ戦艦に当たる(戦艦ビスマルク、ティルソン、グナイゼナウ、シャルンホルスト)ことが多く、この戦法が使えず、戦績が低迷しています。

この前は島影に籠る戦艦ティルピッツに接近戦を挑み、魚雷が途中で故障して、相手の魚雷を浴びて沈みました。。

 

LINEで送る
Pocket