【WoWs】ドイツ軽巡カールスルーエの戦い方

World of Warships で「蒼き鋼のアルペジオ」コラボのARP Kirishimaの入手条件はTier4の巡洋艦の経験値10000です。

そこで、一旦は打ち切っていたドイツの巡洋艦ツリーを再開することにしました。

ただ、Tier4のドイツ軽巡カールスルーエはそう簡単ではありませんでした。

ボトムTierで戦う時はもう手が付けられない状態になります。
カールスルーエのWoWsの全プレイヤーの平均戦績は15232ですから、皆さんも苦労しているのでしょう。

他のサイトやYouTubeで見ていても、苦行艦とか、カールスルーエをフリー経験値でスキップしてしまえとか言われていますが。。

せっかくなので、ドイツ軽巡カールスルーエの戦い方をまとめてみました。

 

 

軽巡カールスルーエを知る

カールスルーエの強み

ドイツ軽巡カールスルーエ

カールスルーエの強みは、旋回砲塔がないので左右に艦を振っても即砲撃ができるのと、薄いながらも装甲が艦首まで伸びているので、艦首を向けて戦うことに強いことでしょうか。

ドイツ軽巡カールスルーエ

例えば、ぐるぐる旋回しながら、一方向に左舷砲、右舷砲と撃つこともできます。

一方敵は急速回頭すると砲の旋回が間に合わなくなるので、カールスルーエが一方的に攻撃することができます。これは有利です。

 

カールスルーエの弱点

カールスルーエの弱点は主砲と魚雷の射程の短さ、装甲の薄さ、鈍足(27.5ノット)です。

 

sierramikes

あまりにも鈍足なので、信号旗を使うことで28.9ノットに改善しましょう。

 

主砲・魚雷の射程は、

強化前で主砲は8.3Km、魚雷は4Km

強化後でも主砲は9.1Km、魚雷は6Km

です。

舷側装甲は、バイタルを抜かれやすい軽巡球磨、フェニックスよりも薄いです。要注意です。

 

カールスルーエの主砲

ドイツ軽巡カールスルーエ

軽巡フェニックス、球磨は50口径ですが、カールスルーエは45口径です。射程が短いのであまり感じませんは弾道は山形です。

島のちょっとした岬程度は気にせずに撃つことができます。

ソロモン諸島マップであれば、マップ右側の2つの島の背後がオススメです。もっとも、味方艦もよく来るので衝突しそうになりますが。。

 

軽巡カールスルーエの戦い方

突撃して接近戦を挑む

敵に突撃しながら、敵弾が着弾した後に艦を振って、右舷、左舷の砲を撃つこともできます。

軽巡が接近してきたら、それは魚雷を射つサインです。まっとうな敵なら艦首を向けようとします。

その時は、敵の主砲の反対側に進み魚雷を射ち込みます。

もし、敵が愚かにも横腹を向けてきたら、敵弾が着弾した後に、転舵して魚雷を射ち込みましょう。

 

後退戦を戦う

後退戦は敵弾を回避しながら逃げます。

敵が巡洋艦・駆逐艦であれば、カールスルーエよりも高速なので(近くに味方がいる場合を除いて)逃げ切れません。

艦を左右に振ることで、後方の敵に右舷の砲、左舷の砲と撃ち、敵を撃破しましょう。

それでも、敵弾を回避することが最優先だということを忘れずに。

艦の進行方向を見る余裕は無いので、ミニマップで島に座礁しないように操艦します。

 

戦艦と戦う

ドイツ軽巡カールスルーエ

他のドイツ艦と同様、HP弾の破壊力が弱いです。ただ、火災発生率は米軽巡フェニックスよりは上です。

接近戦で敵戦艦がボンボン燃えていたら、HP弾からAP弾に切り替えて撃つのもいいでしょう。

装填速度が6.5秒と早いです。敵戦艦にボンボンHP弾を撃ち込むと、たぶん敵戦艦は戦意を失って逃げ出すでしょう。

逃走を始めたら、チャンス到来です。敵戦艦は後部砲塔しか使えません。

敵戦艦の装填速度は20秒以上です。敵弾が着弾したら艦を左右に振って、左舷・右舷の砲を使ってもいいでしょう。

敵戦艦が斜め後ろを向けて逃げている時は、バックを取る方向に艦を斜めに向けます。

間違っても、敵戦艦に並走して横腹を晒さないようにしましょう。

 

巡洋艦と戦う

HP弾の破壊力が弱いので、基本AP弾で戦います。

敵の巡洋艦に追撃されたら逃げられません、接近してくる敵にバイタルを抜かれないように戦い、最後は接近戦を挑みましょう。

接近戦を挑むときは、可能であれば、敵の主砲の向きの反対側に回り込みましょう。

巡洋艦相手の接近戦では魚雷が来ることを忘れないようにしましょう。

相手が魚雷を射った後は相手は転舵するので、自分の魚雷は外れる可能性が高いです。魚雷は広域で射ちましょう。

敵艦の主砲の発砲が止まったら魚雷発射のサインです。敵と同じことをせず、主砲で勝負し続けて、敵の魚雷を回避する方がベターかもしれません。

 

駆逐艦を狩る

わたしは駆逐艦が大の苦手ですが、駆逐艦を狩ることは巡洋艦の務めですから、最優先で対処します。

カールスルーエはぽんぽん主砲を撃てるので、駆逐艦の予想進路に自信がない時は順次射撃もいいですが。。

ただ、順次射撃を受けた駆逐艦は、主砲弾を回避しようと転舵を繰り返します。そうなると、命中させるのはかなり難しくなります。

相手の油断しているところを狙うのあれば全斉射が基本です。

 

Co-op戦で鍛錬を積む

ドイツ軽巡カールスルーエ

上手く戦うとすごい楽しい艦です。

ドイツ軽巡カールスルーエ

Co-op戦では接近戦で戦艦ARP Hiei、妙義の2隻に挑んで、ARP Hieiを撃沈しました。

(カールスルーエの15cm砲でも接近すると金剛クラスの舷側装甲をぶち抜けることがわかりました)

本当は、戦艦妙義も撃沈するところだったんですが、沈没したARP Hieiの艦底がじゃまで、その向こうの戦艦妙義に砲弾を当てることができませんでした。

でも、ちょっと失敗すると、「今日は実力を示せませんでした」(戦績ゼロ)なんてメッセージを見ることもあります。

 

ランダム戦へ

これでわたしのカールスルーエは平均戦績20899となりました。

このペースで100戦まで行けば、カールスルーエのTOPプレイヤーのリストに上がることができるかも知れません。。

 

LINEで送る
Pocket