【WoWs】ランク戦シーズン13、出雲、FDG、ドンスコイ、武蔵、アラスカ

ランク戦シーズン13はいつもよりは真面目に戦っていますが、それでも、たまーにふらっと参戦する程度です。

(ちなみに、このブログは来月閉じます)

 

ランク戦シーズン13

「泥沼のランク戦」とか言われますが、6vs6なのでランダム戦よりずーーーーーーーーっとマシです。

ランク戦は1つの艦を乗りつづけて強くなっていくのがベストです。

Tier9艦は8隻あるので、今回はいろいろな艦に乗って行きます。

 

追記:

最終日じゃないですがランク戦は打ち切りにしました。

「ラクンマ」と言われる割には、楽しいランク戦でした。

46戦、勝率72%

いい勝ち方をすると、その日の挑戦はさっさと打ち切ってしまうので戦闘数が伸びません。

 

さて、

今回手に入れた大和とか、石炭で手にれたスモレンスクとか、いろいろ乗りたいです。

リセットしたフランス巡洋艦ツリーも再攻略しなければならないし。。

 

 

 

所持艦1、出雲

何故出雲なのか?

一言で言うと「ランク戦で大和まで開発しよう!」です。

「ランク戦を舐めるんじゃねー!」とお叱りを受けそうですが、、

戦艦の扱いは慣れているので、全然問題ないです。

出雲の右翼より正面の敵は戦艦が1隻多く優勢なので、引き撃ち気味で戦います。

ところが、敵のアラスカが突進してきます。

舐めプですか?

3斉射で32K削り取り撃破します。

アラスカはいつも美味しいエサです。

敵の駆逐艦の動きが分からないので、味方の駆逐艦に前方を警戒して欲しかったですが。。

味方の駆逐艦は島影に行ってしまいます。

敵の駆逐艦の魚雷が流れてきます。

この後、味方駆逐艦が一時AFKになり1vs3の劣勢になりますが、まだ気付いていません。

敵の武蔵が艦首を向けているので、島向こうの敵の戦艦を撃ちます。

味方は全体では優勢と思っていたので、敵の武蔵は最悪の場合はラムのつもりでした。

すると、敵の武蔵が想定外に横腹を大きく晒します。

バイタル抜き6で77Kダメージ。

(たぶん、1斉射での最大ダメージでしょう)

余裕で敵の武蔵を撃沈してしまいます。

出雲がボンボン燃えているのは、背後から敵の駆逐艦が撃っていたからです。

敵の駆逐艦が飛び出して来ます。

出雲の主砲は反対を向いているにしても、雑なプレーです。

敵の駆逐艦に斉射してお仕置きしますが。。ミリ残ししてしまいます。

幸い味方駆逐艦がAFKから復帰して始末してくれます。

遠くの敵の戦艦を撃ちます。

左翼は優勢だと思っていたのに、この後全滅してしまいます。

敵の武蔵とラムしなくて良かった。

BをCAPして、絶対負けない体勢で敵の戦艦を迎え撃ちます。

味方の駆逐艦と共同で敵の戦艦を撃沈します。

 

与ダメ187Kは出雲の最高スコアです。

おかしな動きの敵が多かった割には、出雲が大活躍しないと負けていた試合でした。

自分の調子が悪い時は味方が強く、味方がダメな時は大活躍する。

これがうまい具合に回っていて、勝ちまくり+セーブスター取りまくりです。

折角、出雲で勝っているのに。。

大和が研究完了して出雲を売ってしまいました。

これからは、タカオ艦長の異動コストをプレミアム艦の武蔵で稼ぎます。

武蔵を持っているし、Tier10艦は5隻目だし、大和を手にれても何の感動もないな。。

 

出雲の成績は25戦72%でした。

 

所持艦2、OP武蔵

武蔵は強いですが、戦場で見かける武蔵は弱いのばっかり。

だから、武蔵の基本を押さえて戦うだけで勝てます。

 

武蔵4戦目

中央攻略戦なのに味方の巡洋艦が吾妻だったり(外周は仕方ないにしても)。

味方の駆逐艦が2隻とも外周で魚雷を投げに行って、敵が全然見えなかったり。

プレー開始7分で敵のポイントが733にもなり、仕方なしに味方の武蔵2隻でCAPしに突入しますが。。敵の駆逐艦に投げられます。

沈んだ味方の北風が味方の戦艦を貶す長文のチャットを贈ってよこしましたが。。

何が「idiot」だ!お前が悪いんだろ!

味方の武蔵がどうして瀕死になったのか?

その武蔵にぶつからないように、慎重な操艦をするはめになったのは何故なのか?

少しは考えたら?

隻数差は1ですが、味方の武蔵は瀕死です。

彼が沈んだら即ポイント負けです。

当然、敵はいい気になって突っ込んでくるでしょう。

それを読んで動きます。

この敵のFDGはいつでも横腹晒しです。

敵のFDGを狙撃します。

敵の武蔵とFDGから打たれますがセーフ。。

敵の武蔵のバイタルを抜くチャンス到来ですが。。

味方の駆逐艦が煙幕を展開します。

エーーー!

瀕死の敵の駆逐艦を仕留めるためだから仕方ないですが。。

でも大丈夫、観測機をあげて自分でSPOTします。

それにしても不用心な敵の武蔵(今まで武蔵でプレイして何を学んできたんだ。。)

バイタル抜き3、ダメージ51K。

次の斉射で撃沈します。(はい戦犯1)

次におかしな動きの敵のFDG。。

簡単に撃沈してはい逆転!(はい戦犯2)

味方の北風が文句を垂れた1分後に勝ち確です。

最後の敵のミズーリも味方の駆逐艦と連携して撃破してあっさり勝利します。

「大口径」メダル+与ダメ150Kだと気持ちいい。

(下手な敵ばかりで簡単に勝てるのはファーストリーグだから?)

目出度く、プレミアムリーグに突入です。

プレミアムリーグはドンスコイを育成します。




所持艦3、FDG

不遇のドイツ戦艦ツリーは使う必要を感じないです。

それでも、FDGで出撃したのは駆逐艦のマッチングが多かったからです。

最初の獲物と、接近戦エキスパートが2つをゲット!

敵のレーダー艦アラスカに対して、味方は吾妻ですから、敵は初手CをCAPに来ました。

そこへFDGで接近して水中聴音をON!

こんにちわー、FDGです。

あらー、ドイツ戦艦の怖さを知らないの?

 

 

そして、FDGの2戦目

味方左翼の突撃に合わせて、FDGも中央で突撃します。

1vs3で苦しいですが、今突撃しないと左翼の武蔵がやられてしまいます。

でもやっぱり苦しい。。

防御の姿勢でじりじりと後退し、副砲主体で戦います。

でもこの体制だと、使える主砲がFDGの4門に対して出雲が6門と不利です。

敵の出雲の主砲パーペットを貫いて、バイタルを2つ抜いて逆転します。

敵の出雲を撃沈しました。。

FDGは瀕死だけどなんとかなりそう。

味方の駆逐艦の意味不明な敵ジャン・バールへのラム。

ベンハム魚雷をじゃんじゃん流して命中しないなら、自分で当たりに行くってことかい??

生き残りの敵2隻(ライオン、サン・ルイ)を始末しに行きます。

敵2隻とも元気なのに対して、こちらは修理班も底を突いています。

なので敵のライオンにラムして、敵の反撃の芽を摘み取ります。

 

あらら、FDGでTOPスコア出してしまった。

敵の出雲を撃沈して、CAPして、最後はラムだから当然か。

与ダメより被ダメが大きいです。

戦艦としての責任を果たすことがでたと言えるでしょう。

 

FDG3戦目

「眠れる巨人」マップを中央突破して敵の武蔵に突撃!

毎度恒例の腹見せ武蔵のバイタルにAP弾がパスパス入ります。

また、バイタルを抜きます。

敵の武蔵乗りの出来が悪すぎる。

接近戦で敵の武蔵のバイタルを2つ抜いて瀕死に!

接近戦には絶対の自信を持っています。

と言うよりも、接近戦が下手くそな相手が多すぎ!

射角の悪いFDGにはまだ隠し球があります。

4番砲塔がトドメをさします。

 

味方は「戻れ」と「ram」を連呼してますが、、

敵の武蔵はいつもでも弱い方ばかり。

この後、敵のDMと北風の集中砲火を浴びてFDGは沈没しますが。。

味方の盾としても十分働いたことになります。

 

この試合の波乱要因は、この味方のアラスカです。

全Capを達成し「keep」するだけで勝てる試合です。

それなのに、距離17kmの敵のドンスコイに戦いを挑み、一方的に撃ち負けます。

しかも、やめない。

そりゃ、アラスカのAP弾がうっかり命中すれば、ドンスコイなんて吹っ飛ぶでしょう。

でもね、距離17Kmで回避盾しているドンスコイに、アラスカのゆるふわ弾道のAP弾なんて命中するわけがないんだよね。

おかげで、最後の最後までハラハラしました。

 

袋叩きのFDG4戦目

また勝っちゃった。。

「眠れる巨人」でFDGはまた中央を前進します。

敵はAに駆逐艦、北に戦艦1残留、B近辺に戦艦1、駆逐艦1、C CAPに戦艦1、駆逐艦1です。

「クロスを取れ」「分散しろ」「中央は悪手」が定石ですが。。

「眠れる巨人」は南北に連なる島々が邪魔です。

FDGが中央の島影に張り付いて、敵の戦艦を副砲で追い返し、水中聴音で敵の駆逐艦の動きを止めます。

そうなると、分散した分だけ敵が先に2隻沈没します。

その時点で敵の戦艦の思考は「勝つ」ー>「セーブスター」に切り替わります。

FDGはWowsアプリのバグで「敵の戦艦の船体が消失する」「艦上構造物しか見えない」状態で辛い状況でしたが。。

敵の牽制と副砲だけで勝つことができました。

 

FDG5戦目

久しぶりの敗北で引き撃ちに弱いことを思い出しました。



所持艦4、立ち回り次第なジャン・バール

出雲、武蔵優先で戦っているので、ジャン・バールに出番はありません。

装填ブースターのおかげで対駆逐艦戦闘が得意(でも撃たれ弱いから注意)なので、駆逐艦が多くなったら使ってみるかもしれません。

ちなみに、フランス戦艦にはピンポイントで弱点があります。

敵のフランス戦艦の防御の姿勢が甘かったら、

第一砲塔の手前の艦首の舷側を狙います。

ここから中央防郭横隔壁に刺さるとバイタルが抜けます。

逆に言うと、強敵ならそこを突いて来ます。

 

ジャン・バール1戦目

サイドアタックします。

伊吹の日巡HEが痛い。。

敵の武蔵の脇腹に1斉射でバイタル抜き3、33Kダメージでほぼ試合が決まりました。(撃沈じゃないのは何故?)

そのまま突進して、敵の伊吹を叩き、島影の敵のクロンシュタットを撃沈します。

最後は、ぽかすか撃ってくる敵のユトランドを3斉射で撃沈です。

ジャン・バールのHPはTier8相当なので、HP管理がヒヤヒヤです。

 

所持艦5、扱いが難しいネプチューン

基本、米巡洋艦に煙幕と魚雷がついたような運用の仕方をしています。

本当は島影と隠蔽性能を使って、巧妙に立ち回りたいですが。。

ランク戦は敵にも味方にも即チンするイノシシ野郎が多いので、そんな余裕はありません。

必要な時には火力優先で戦います。

もちろん、敵に吹っ飛ばされます。

というわけで、ネプチューンはランク戦に向いてないです。(下手なだけ?)

 

所持艦7、死神アラスカ

前半はレーダー艦として戦い、中盤から起動戦で戦います。

(最近出雲で、レーダー艦ポジションのアラスカのバイタルをガンガン抜いています)

 

アラスカはゆるふわ弾道なので、敵の巡洋艦を中距離からの狙撃してバイタルを抜きます。

 

ランダム戦ではアラスカはどうにも味方運が悪くて死神です。

島影でガン盾引きこもりの味方戦艦を目撃してからはランダム戦で使ってないです。(戦艦乗りとして最低です)

 

それに、ランク戦で出会うアラスカは弱い奴ばっかり。。

 

所持艦8、ドミトリー・ドンスコイ

ランク戦が駆逐艦まみれと聞いて急遽手に入れました。

 

ドンスコイ2戦目

単独行動して・飛び出しで沈んでいく味方駆逐艦。

(手前の駆逐艦が逃げてきたせいで、気がついたら単独だったのかもしれないけど。。)

味方の駆逐艦には、ドンスコイの戦力を上手く使うように立ち回ってほしい。

勝ち確と思ったのか、敵のアラスカが無意味に飛び出してきます。(戦犯です)

アラスカで島影に張り付いていると与ダメを出ませんから、飛び出してくてうずうずしていたのでしょう。

ドンスコイの3斉射で敵アラスカをこんがり焼き上げました。(4火災)

3vs4しかも圧倒的ポイント負けで、味方戦艦はセーブスター狙いのラム!

でも敵の生き残りは駆逐艦3隻だから、ドンスコイで料理すればまだ大丈夫!

敵の魚雷下手クソすぎ、そして飛び出す敵の駆逐艦。

最後の切り札をポイポイする敵の駆逐艦。

レーダーぽち。

こんにちわー、ドンスコイです。

(合掌)

 

逆転+TOPスコアで勝ちました。

射撃精度がいまいちで撃沈スコアが出てませんが、まあ2戦目ですから。。

敵の駆逐艦がいくら活躍しても、ドンスコイで敵の駆逐艦を片付ければ、逆転で勝利です。

いつもこんな風に無双できたらいいねぇ。

 

所持艦9、サン・ルイ

甲板装甲が57mmとか60mmの戦艦相手ではキツいかな。

 

 

 

LINEで送る
Pocket