【WoWs】ランク戦シーズン9はTier10。。ふーん(更新)

ランク戦はいつかはナントカしたいとは思っていましたが。。

「ランク10からTier10艦」という制限もあるので、今回もナントカできないようです。

 

ランク戦シーズン8をまとめると

ほぼシャルル・マルテルで戦ってました。

最初は味方ガチャに苦しみました。

常に撃沈スコア2くらいを挙げてTOPスコアの常連になると、楽に勝てるようになります。

楽に勝てるようになった途端、「まあこの辺でいいや」打ち止めにしてしまいた。

 

ランク戦シーズン9

ランク11まではTier8、ランク10以降はTier10艦だそうです。

Tier10艦はまだ持っていないですが、ナントカ1隻ぐらいは手にいれることはできるでしょう。

ただね、ランク戦とか言う以前に!

最近は、通報してくる奴らと、クソマッチングのせいで「怒り」しか感じないです。

こんな性格の悪いこのゲームの「ランク1」なんて、何の価値もないですね。

と、今日はブチギレ。。

 

Tier8艦はよりどりみどり

ランク戦シーズン8の時はを始めた時はTier8艦は4隻しかありませんでした。

あれから増え続けて9隻にもなっています。

シーズン8はほぼシャルル・マルテル1隻で戦いましたが、今回はもっと肩の力を抜いて、順々に乗って行きたいなと思います。

ただ、勝ち上がる為には、弾道の違ったり、立ち回りが異なる艦を交互に乗るなんてことをしていてはダメでしょう。

ツリー艦の育成を兼ねてリシュリュー、あるいは天城あたりでしょうか。

マッチングに駆逐艦が多いなら、戦艦で出るよりはベンソンやZ-23で駆逐艦狩りをした方が楽しいでしょう。



1つの艦を極めるのが一番

天城もリシュリューもスランプに陥りました。

原因は、天城ー>リシュリューと交互に乗ったせいで、AIMも立ち回りもイマイチになったせいです。

どの艦もそうですけど、ずーっと乗り続けることで、AIM力は高まります。

リシュリューを連続で乗り続けて、スランプから脱出しました。

味方に迷惑を掛ける訳にはいかないので、しばらくはリシュリューで戦い続けます。

 

 

リシュリュー

強いです。

敵のヒッパーや愛宕は17Kmくらいの距離だと安心して横腹を晒しまくります。これはリシュリューのいいエサです。

不用心な敵の駆逐艦も高速弾で対処していまうし。。

リシュリューの特性を生かした立ち回りができると強いです。

敵戦艦2隻と渡り合う厳しい局面です。

ただ、この2隻はリシュリューが一方的に叩いてきたせいか、なんか戦意を感じません。

ここで、敵のリシュリューが島影に入ります。

リシュリューは敵の天城にフランス槍騎兵(騎士)のように突撃を開始します。

エンジンブーストで素早く距離を縮め、距離8.1Kmで天城のバイタルを抜きます。(斜めでもバイタルを抜かれる天城。。)

味方の愛宕からも突撃雷撃を受けて瀕死の敵の天城。。

リシュリューのトドメの一撃が。。のはずでしたが味方が撃沈します。

残りは島影の敵の敵のリシュリューです。

島の左側から迫るフリをして、隠蔽状態に戻ってから島の右側への舵をきります。

島影を抜けると、敵のリシュリューの砲塔は右舷を向いていて、逆サイドを突くことに成功します。

斉射!

あら、バイタル抜けず。。

ダメージ18072だからいいか。。

副砲が活躍できるようにちょっと斜めにしながら、さらに一撃します。

ダメージ17692、こちらもトドメを刺せず。。

最後は副砲で撃沈して、「接近戦エキスパート」メダルを貰いました。(楽しいけど、ちょっと可哀想)

 

追記:ランク戦で戦艦に隠蔽スキルはバツ

リシュリューはタンク役が苦手なので、ランダム戦では「隠蔽」スキルを付けてました。

ランク戦は味方が少ない分、リシュリューがタンク役を引き受けないのはマズイです。

タブロンを投入して、「隠蔽」スキルを「防火」スキルに切り替えました。

 

追記2:ワザとアドレナリン・ラッシュを発動させる

リシュリューのジャック艦長が成長したので、(やっと)「アドレナリン・ラッシュ」スキルを手に入れました。

ジャック艦長のユニークスキルの「熟練砲手」と「アドレナリン・ラッシュ」を全て

修理班を使わないでHPをワザと半分に落として戦います。

敵戦艦と正面を向いて撃ち合いながら、遠くで横腹を晒している愛宕のバイタルはしっかり抜きます。

アドレナリン・ラッシュの効能は、HPが半分の時に装填30ー>26秒程度です。

これは、5分間の撃ち合いで1斉射多くなる程度ですから、実は大したことはないですが。。

HPを減らすと、「あ、アイツもう少しで撃沈できる♪」と敵の戦艦がワザワザ遠くから撃ってきます。

ヘイトが集まってきたら修理班を使って、正面の敵に反撃を開始します。

 

 

シャルル・マルテル

プリンツ・オイゲンやリシュリューが相手だと辛いです。(高速AP弾は回避ができない)

ツリー開発優先で参戦は優先度低めですが。。

負けが込んだときは、シャルル・マルテルで挽回するつもりです。

 

追記:

フラーっとシャルル・マルテルで出撃しました。

敵の戦艦のAP弾が痛かった。。

右翼で優勢な敵を受け止めている間に、味方の左翼が勝つのを待つ作戦だから仕方ないですが。。

 

天城

サイドを取られると弱い。。

AP弾を甲板の上に落とす日本戦艦の強さは理解しているつもりです。

多分、立ち回りがリシュリューになっているせいですね。

連戦すれば調子を出してくれるでしょう。。

明らかにリシュリューの方が圧倒的に強いので、天城でランク戦は打ち切りにしました。



ベンソン

最初、他の艦で参戦するつもりでしたが、マッチング画面で駆逐艦が多かったので、ベンソンで参戦します。

ちなみに、ランク戦に駆逐艦で参戦するのは初めてです。

 

敵はローヤン、キッド、朝潮とプレミアム艦揃い。

味方はローヤン、秋月、そしてベンソンです。

ベンソンは、秋月と連携して戦いますが、修理班持ちのキッドに苦戦します。

味方の愛宕が意味不明な突撃で果ててから右翼は崩壊していきます。(紫色の上位クランなのにお遊びプレイですか?)

 

そして、終盤は2vs4と圧倒的に不利な状況(=負け確)となります。

ベンソンは敵のリシュリューに突撃します。

敵のリシュリューのそばに煙幕が広がり、敵の駆逐艦が煙幕射撃を味方のシャルル・マルテルに始めます。

リシュリューと煙幕射撃をしている駆逐艦を狙って、雷撃します。

味方のシャルル・マルテルは瀕死で負け寸前です。セーブスター狙いの突撃?)

敵のリシュリューが回避する暇を与えないため、ちょっと時間をおいてから砲撃を開始します。

敵のリシュリューに魚雷が命中するのを待っていたら、敵のキッドに魚雷がヒットして撃沈します。

煙幕の中で何が起きているのか分かりませんが多分、敵のリシュリューを煙幕をかけようとして避雷したのでしょう。

続けて魚雷が立て続けに4本命中して、敵のリシュリューを撃沈します。

3ヶ月ぶりに「連続攻撃」メダルをゲットして、一気に逆転します。(あー良かった)

敵のARP Takaoが前進してきて、明後日の方向に撃つのを見守りながら勝利します。

ベンソンは滅多に乗らないけど、いい娘です。

 

 

 

LINEで送る
Pocket