【WoWs】リアンダー、連続攻撃でも負け負け負け

通常のゲームであれば、ちょっとした不利はプレイヤーが奮闘することでひっくり返すことが可能です。

World of Warshipsでは大抵マッチングが腐っています。すると  一方にだけ下手なプレーが累積していくので、プレイヤーがいくら奮闘しても負けます。

通常ランダムであれば、限りなく5分5分に収束するはずですが、このWorld of Warshipsはなぜかそうはなりません。

連敗街道まっしぐらです。

 

 

リアンダーの連続攻撃

英国巡洋艦ツリーを攻略しているので、英巡洋艦リアンダーを乗り続けています。

leander_cont_1s

左右に艦尾を振って両舷の魚雷を放ち、

leander_cont_2s

敵の金剛を魚雷で撃沈します。

追ってくる古鷹にも魚雷を命中させ、後部砲塔だけでバイタルを抜きます。

leander_cont_3s

更に止めのバイタル抜きで古鷹を撃沈します。

グナイゼナウから見ると金剛はいいカモですが、リアンダーから見ると古鷹はいいカモです。

lonlydefenders

ガラ空きの陣地が陥落しそうになって、リアンアダーは陣地に戻ります。

味方の金剛は無駄な動きで戻れず、鈍足戦艦はやっぱり鈍足。。

リアンダーも敵の駆逐艦1隻が侵入したぐらいと思っていますから、水中聴音を発動して、煙幕の中の駆逐艦を狩り出そうとします。

ところが、遭遇した敵は巡洋艦2、駆逐艦2の大艦隊。。リアンダーは一瞬で轟沈しました。

連続攻撃は何回か達成していますが、またしても勝てませんでした。

 

 

最近の敗因を分析してみる

連続攻撃で戦艦と巡洋艦を撃沈しようが、敵の駆逐艦を3隻沈めようが、ひたすら負け負け負け。。これはどういうことなんでしょうねぇ。

ブツブツ(やっぱり本気で辞めようかな。。)

負けた原因が自分にあるのか、それとも別の原因があるのか最近の戦いを検証してみます。

すると、ぞろぞろと味方の変な動きが。。

 

瀕死の癖に大物狙いの米駆逐艦

敵はAとBをCAPしているのでポイントが劣勢になっているときに、瀕死の駆逐艦の役割は、敵の視界外が通り抜けて、AかBをCAPすることです。

大物狙いで戦艦を狙いに行ったらチームは負けます。

nicolas_fool_1s

瀕死の米駆逐艦ニコラスが島影から飛び出して、距離5.5Kmで遠ざかっていく戦艦に魚雷を射ちます。

結果は見るまでもないです。

米駆逐艦の海面発見距離は6.7Km、魚雷の射程は5.5Kmです。

nicolas_fool_2s

敵の戦艦には魚雷は届かず、ただ発見され撃沈されます。

マメ鉄砲を撃つ暇があったら島影に走りなさいよ。

まさか、自分の艦の魚雷の射程と、海面発見距離を知らずに駆逐艦に乗っている訳じゃ無いですよね。。

 

 

駆逐艦の危険な探索旅行

駆逐艦は高い隠蔽能力(海面発見距離が短い)を使って、敵を求めて探りに行きます。

でも、以下の要素が加わると探索旅行は大変危険になります。

・巡洋艦の支援が無い

・空母がいる

・戦艦が少なく巡洋艦が多いマッチング

 

煙幕炊いて逃げればいいやと言ったって、敵の駆逐艦と出会った瞬間に、敵の複数の巡洋艦とも遭遇して一気に叩き潰されたら終わりです。

exploredds

左翼の巡洋艦は駆逐艦の支援に付かず、駆逐艦2隻だけで探索旅行に出ます。

敵の巡洋艦2、駆逐艦2、艦載機4と出会い、あっという間に溶けます。

駆逐艦の支援に付いていかないで、敵の戦艦と遭遇してアッと言う間に撃沈してしまう巡洋艦もどうかしています。

 

ちなみに、わたしのリアンダーは味方の駆逐艦を支援しようと付いて行きます。島が邪魔で敵の駆逐艦とは戦えず、中央で敵戦艦と巡洋艦の敵と遭遇します。

 

ラムアタッーク!え?!

ramattacks

自分のHPが相手よりも多いのに、近くに味方(わたしのリアンダー)が雷撃態勢で突撃しているのに、敵にラムアタックする戦艦は敗戦の戦犯です。

この戦艦を支援するために煙幕から飛び出して突撃してきたのに。。

この後、退避しようと旋回したら、こいつの転覆した船体が邪魔で撃沈させられました。。

 

鈍足戦艦部隊の周遊旅行

駆逐艦と巡洋艦がピャーと行ってしまったら、鈍足戦艦は後を追いかけては行けません。

どうせ、間に合わないから。。

slowlybbs

すでに左翼が溶けているので、陣地を守って残るべきです。

しかも、わたしが敵艦3隻と戦っているのに、島影に行ってしまうとか薄情でしょう。

鈍足戦艦は右翼・左翼・中央、味方陣地を見渡して、自分が将来必要とされる想定の戦場に最短コースで向かうべきです。(または味方陣地に留まる)

 

連敗脱出の対策

こんなどん底の時は勝負運の強い艦で戦います。

arptakao_level13_3s

わたしの勝利の女神はARP Takanoです。

単に運が強いだけでなく、ツンデレ艦長はレベル13にまで育っていて、「隠蔽処理専門家」で海面発見距離が9.4Km、「アドレナリンラッシュ」で瀕死の時の装填時間は13.4秒と結構強いです。

ただ、同じ巡洋艦でも日巡(妙高もARP Takao)と英巡・独巡ではだいぶ弾道が違います。

ためらいながらARP Takaoで出撃してみると。。戦績はパッとしなくても、久しぶりの勝利をもたらしてくれました。

ありがとう、ツンデレTakao!

 

LINEで送る
Pocket