散布界

【WoWs】主砲の散布界は狭い方が良いことなのか?

旧日本海軍は散布界を狭くすることが勝利に結びつくと信じて、散布界を狭くする特訓を重ねます。ところが、サマール沖海戦の結果を見ると、散布界が狭いイコール命中とはなりませんでした。

理由は、敵はどんどん進路や速度を変更するので、遠距離砲戦を正しい照準で撃つと、着弾するまでの間に敵が散布界の外に出てしまうからです。

 

攻撃側から散布界を考える

World of Warshipsで青葉の前部砲塔で斉射すると、見事なまでの収束ぶりで主砲弾を送り込むことができます。

一方、ドイツ戦艦は散布界が広く、斉射すると敵艦を夾叉するけど命中しないことが良くあります。

では、散布界が狭いイコール命中するに繋がるのか?と言うと、

遠距離砲戦では「No」、近距離砲戦では「Yes」と答えます。

なぜ、遠距離砲戦で散布界が広くても問題無いかと言われると。

高Tierになるとノホホンと直進してくれる敵は少なくなるからです。

高Tierで照準を覗いていると、敵戦艦の煙突から煙が出たり消えたりします。これは、照準を外すために敵艦が加速・減速をしているからです。

また、照準のラインからほんの少しだけ、敵艦がずれていくことがありますが、これは小さい転舵を繰り返しているからです。

それに、艦長スキルの「敵弾接近警報」がたやすく取得できることを思い返してください。敵弾接近警報が出たら敵は回避行動をとります。

もし、散布界の狭い艦で「今のは当たりだろー」「嘘だろー」と罵っていたら、「散布界の広い艦で戦う」ことを勧めます。

 

散布界が広いと言っても、斉射する側の艦の向きによって弾のばらつきが違います。工夫次第で収束弾なみの命中弾を送ることもできます。(グナイゼナウであれば、少し左右にずらす等)

 

回避する側から散布界を考える

逆に敵弾を回避する側から見ると、正しく照準された敵の主砲弾は、回避運動することで被弾を回避することができます。

回避する側に必要なのは、敵が斉射してから着弾するまでの間に、着弾予定の領域(散布界)から離れることです。

ところが、敵の散布界が広いと、着弾予定の領域からの脱出は困難なり、命中は確率の問題になります。

敵が大和のようなモンスター級だったり、瀕死で逃げ回っているような時は、この確率に頼るわけにはいけません。

とにかく、着弾予定のエリアから逃げさることです。

 

散布界の形は弾道が浅ければ、奥に深く、弾道が高ければ敵艦の散布界の特性に合わせて落ちてきます。

敵が例えばドイツ戦艦ティルピッツであれば、

・距離10Kmは回避不可、艦首・艦尾を向けて戦う。ティルピッツの散布界が広い分、生き残る可能性大

・距離13Kmは横の動きで回避、ただし横腹は晒さない

・距離16Km以上は着弾まで時間があるので、弾道を見て縦の動き、横の動きで回避

でしょうか?

 

回避の実例

散布界

巡洋艦妙高で味方のティルピッツを支援していましたが、ティルピッツが轟沈して、敵戦艦3隻(ビスマルク2隻、ノースカロライナ)のチームの集中攻撃を受けることになりました。

まずは、減速+左旋回で敵弾を回避します。

散布界

ところが、そのまま旋回を続けていると、別のビスマルクに痛打されます。

散布界

このまま山影に行きたかったんですが。。敵弾が左方向に上がるのをみて右旋回します。

散布界

これは回避に成功します。

散布界

今度は、敵弾が右方向へ打ち上がってくるのを見て、

scatterarea_7s

後部砲塔を斉射してから右旋回しますが、、直撃コースで沈没しました。

後部砲塔を斉射した分(1秒)、右旋回が遅れたのが敗因でしょうか。。

すでに着水している敵弾、飛んできて直撃する敵弾と、敵弾の散らばり方を見ると、13Kmの距離で飛んでくるビスマルクの散布界が縦方向に広いのが分かります。

これを回避するには、この散布界に入らないようにもっと早く、横方向に動くことが必要です。

 

LINEで送る
Pocket