【WoWs】弱点だらけの英戦艦アイアン・デューク

World of Warshipsを初めて1年たってみると、もう戦艦は十分です。

のたのた動き回って、たまにズッコーンと発砲する。

巡洋艦に燃やされたり、駆逐艦のエサにされたり、AP爆弾に吹っ飛ばされたり、散々な目に会うのに「バイタル抜き」しか楽しみが無い。。

一応、日本戦艦は天城までは攻略しようとはしていますが、米戦艦は売り払ってしまいましたし、ドイツ戦艦もビスマルクより上を攻略するつもりはありません。

それなのに、英戦艦なんて。。

 

あれ?平面図の旗が無い。。

他の旗をちょっと選んで、元のイギリス戦艦の平面図の旗に戻そうとして気がつきました。

あれ、図面の旗が3つ無い。。

あれ、白い旗が増えている。。(イングランドの旗?)

ついでに、あれ?英戦艦が3隻ある。。

コンバットミッションの褒賞として旗を貰った時に、「ずいぶんショボい褒賞だな」と思いましたが。。

英戦艦と交換だったんですね。

おかげで、戦艦なんか要らないと言っているのに、一気に3隻も増えてしまいました。

 

 

Tier3 ベレロホン

有名なドレッドノートの改良型ですか。。

そう聞いただけで、金剛の初期船体よりも古いことがわかります。

Co-op戦で乗ってみましたがとにかく鈍足です。

 

Tier4 オライオン

砲塔がドイツ戦艦ケーニヒみたいな配置になります。

まだ、金剛より1年年上です。

こちらも、とにかく鈍足。

 

Tier5 アイアン・デューク

オライオンとの違いは煙突の太さでしょうか。。

ようやく、金剛より1年年下になりました。

昔の帆船の名残で、艦尾に艦長室と艦長専用のデッキがあります。

最終船体に強化すると、あの悪名名高いポンポン砲が増設されます。

 

鈍足で脆いアイアン・デューク

迷惑を承知でシナリオ戦で特訓すると。。それなりに活躍できるようになります。

 

主砲

主砲の旋回も鈍足なので、旋回しながら戦うのは可能な限り避けます。

主砲の弾道は、45口径なので日本戦艦と同じかと思ったら。。

初速は759m/秒と鈍足なので、島越え射撃も少しはできます。

Tier5の戦艦相手なら普通にバイタルを抜いて、ダメージレースで打ち勝つこともできますが。。

味方と連携して叩くなら、発火率のいいHE弾で大炎上させるのもいいです。

味方の陣地に迫る敵の戦艦アイアン・デュークと、

ケーニヒをHE弾だけで戦いました。

でも、AP弾を使って敵の戦艦のバイタルを抜くと、敵が「逃げ腰」になるという効果もあります。

HE弾で相手に火災を起こさせると、敵は負けている気がしないので強気で攻めてきますが、

火災を起こした時に「応急工作班が使えない。。どうしよう」みたい追い込み方もできます。(いやらしー)

 

追記:初速が遅いせいか、射程ギリギリで撃つと大落下砲弾となって、敵艦の甲板に落ちていきます。

射程内に入ってこようとする敵のダナエを発見します。

島越え3つぐらいも向こうですが、じっくり照準して斉射します。

AP弾が大落下で落ちて行きます。

ソ連巡洋艦やドイツ巡洋艦の15cm砲がふわふわと落ちていくのと似ていますが。。

こちらは34cm砲弾ですから、加速して落ちていきます。

バイタル2つ抜いて撃沈します。

本当は、大落下砲弾で英戦艦の甲板装甲を抜きたくて何度もチャレンジしていますが。。なかなか難しいです。

 

 

装甲

甲板装甲が薄いので、上から落ちてくる砲弾に弱いです。

ARP Kirishimaでこのアイアン・デュークにAP弾を撃ってみたら、2斉射で吹っ飛びました。

しかも、上からの砲弾に弱いということは、防御の姿勢は関係ないです。

艦長に「敵弾接近警報」スキルが必須ですね。

Tier6のクィーン・エリザベスまで我慢です。

 

水雷防御

とにかく魚雷に弱いです。

対水雷防御は、金剛が27%、ドイツ戦艦ケーニヒが22%、米戦艦ニューヨークが28%ですが、アイアン・デュークは18%とダントツの最弱です。

艦首以外に魚雷が命中すると、主機と舵がやられて浸水します。

修理班は強力(らしい)ので、応急工作班を使うタイミングが重要になります。

 

結論

遠距離砲戦に弱いので、中近距離戦をしなければなりません。

でも、鈍足です。

敵の動きを読み誤ると敵の中に取り残されて、敵の巡洋艦のエサになります。

ですから、「味方が劣勢なところに行って戦う」のは危険です。

雷撃に弱い+鈍足ですから駆逐艦は大敵です。

Tier5には神風がウヨウヨいるので、単独行動は厳禁です。

 

 

ランダム戦2戦目

英戦艦祭りなのか、マッチングが戦艦だらけでなかなかマッチングしません。

マッチングしてみると、ボトムTierでした。。

味方空母が加賀に対して敵はレンジャーですから、これは楽勝ですね。

嫌いな「隣接勢力」マップで左翼スタートです。

ちらっと敵が見えた時に、左翼の前に優勢な敵が流れてきます。

アイアン・デュークは鈍足なので、優勢な敵との正面衝突を避け、中央に移動します。

 

クリーブランドを推測射撃

瀕死なのにやる気満々のクリーブランドがAP弾を撃ってきます。

AP弾だから、痛くもかゆくもないですけど。。

もしかして、アイアン・デュークの薄い甲板装甲を狙っていますか?

15cm砲のAP弾にバイタル抜かれる戦艦はいないですよね。。きっと。

(ドイツ駆逐艦ゲーデの15cm砲で試してみようかな。。)

命中弾を重ねていくと、敵のクリーブランドは必死に逃げていきます。

相手は鈍足アイアン・デュークだし。。

敵のクリーブランドを見失います。

普通なら諦めますが、シツコイ性格なので。。

推測で斉射!

撃沈しました。(可哀想。。)



リアンダーを島越え射撃

島影に逃げ込んむ敵のリアンダーを見つけて斉射します。

命中、火災発生!

さらに叩きます。

HE弾の大半が島に喰われますが、それでも敵のリアンダーに3発命中します。

敵のリアンダーがBの手前で煙幕を展開し、煙幕射撃を始めます。

ドイツ戦艦の弾道なら、敵のリアンダーは島影で安全ですが。。

こちらは、鈍足の主砲弾の英戦艦です。

敵のリアンダーの射線の根元めがけて斉射します。

撃沈しました。(これも可哀想。。)

まぐれ当たりの1発でアウトなのですから、煙幕射撃なんかしてはダメですね。

逃げていく米戦艦ニューメキシコを追撃しますが。。

遠距離砲戦は危険なので、追撃は打ち切ります。

(そもそも、鈍足の米戦艦にも追いつけません)



やっぱり遠距離砲戦は危険

左に旋回して、押されている左翼の支援します。

見えている敵は敵の巡洋艦ヨルクとキーロフです。

一応警戒して、先ほどの敵のニューメキシコには艦尾を向けています。

敵のヨルクに島越え射撃でダメージを与えますが、

突然現れた敵のコロラドにがっつり18Kも抜かれます。

応急工作班で7Kほど取り返しますが。。それでもイタイです。

 

敵のキーロフを掠め取られる

やけくそで敵のキーロフが突っ込んできます。

敵のコロラドには艦尾を向けて、このキーロフに命中弾を積み上げて瀕死に追い込みます。

トドメのAP弾が落下していき「イタダキ」と思った瞬間。

横から味方のAP弾が獲物を掠め取ってしまいます。

長門さん、あなたの目の前に敵艦が2隻もいるんだから、そっちと戦っていなさいよ。

ボトムTierなのに撃沈スコア2で勝ったのだから、まあ十分ですけど。。

 

クィーン・エリザベスが遠い

普段戦艦に乗らない方々が英戦艦で出撃するせいか、ランダム戦がなかなかマッチングしません。

せっかちな性格なので待っている間に、「駆逐艦で英戦艦狩りしてやろう」とか邪悪な誘惑にすぐ負けてしまいます。

次のクィーン・エリザベスに早くステップしたいですが、だいぶ時間がかかりそうです。

 

鈍足戦艦が大嫌い

扶桑は持っている艦でも最高の勝率と戦績を出しています。

鈍足なので、コースをどうするか、どの敵を撃つのか、たっぷり考える時間がある。。だから強いのですが。。

でも、嫌いです。。

この英戦艦シリーズのアイアン・デュークを何戦かプレイして分かったのは。。

やっぱり、鈍足戦艦が大嫌いだということです。

英戦艦がパーっと現れて、Tier7のキング・ジョージVはそれなりに知名度もあるので、一応目指しますが。。

やりたかったのは米駆逐艦ツリーの攻略や、妙高・ARP Takaoをうまくなることです。

鈍足戦艦で戦いたかった訳じゃない。。

 

 

LINEで送る
Pocket