戦艦妙義で戦績74K

【WoWs】戦艦妙義で戦績74Kを達成

World of Warshipsの戦艦妙義は、無駄に長い船体と、6門しかない主砲のせいで苦行艦として有名です。

妙義で参戦すると味方に迷惑を掛けるので、ランダム戦は長い事封印してきました。

同じ特徴を持つドイツの戦艦グナイゼナウに慣れてきた事もあり、先日妙義をランダム戦に復帰させましたが、味方を攻撃する幼稚なプレイヤーのせいで、散々な結果になりました。

今回は、仕切り直しでもう一度ランダム戦に臨みます。今回も「海峡マップ」です。

 

ピンクの巡洋艦を監視

マッチングは敵も味方も戦艦はワイオミング2、カイザー1、妙義2、空母2、軽巡4、駆逐艦1の組み合わせになりました。

妙義は左翼でのスタートです。左翼にはピンクの巡洋艦1隻が参戦しています。

前回の事件のこともあり、敵発見!となってもピンクの巡洋艦の動きが気になります。

myogi74k_1_maps

味方の戦艦と巡洋艦が初動で右翼に行こうとする動きが見えます。

ピンクの巡洋艦はその2隻に突っ込むような動きをします。。また一波乱あるのでしょうか。。

myogi74k_2s

敵発見!で観測機を飛ばして、敵軽巡めがけて斉射します。

myogi74k_3s

ピンクの巡洋艦が妙義に接近してきます。魚雷を射ってくるのでしょうか。。ドキドキ。。大丈夫なようです。

myogi74k_4s

今度は敵の妙義に斉射!3発命中。

左翼の巡洋艦1隻が右翼に行ってしまいます。両翼に空母がいるので、味方が左翼を放置して行ってしまうのは困ります。

味方の戦艦1隻も右翼に行くつもりだったのでしょうが、かろうじて海峡入り口で踏みとどまっています。。

myogi74k_5s

わたしの妙義は当然とどまります。

敵を側面からの攻撃も考えましたが、これだと正面のカイザーとぶつかって接近戦となります。

妙義の速度を利用して戦艦カイザーから距離を取り、突出している敵戦艦2隻を攻撃することにします。

myogi74k_7s

旋回中、カイザーから手痛いダメージを受けますが、敵のカイザーに艦尾を向ける形で遠ざかり、敵戦艦2隻に勝負を挑みます。

 

敵の妙義1と戦う

myogi74k_9s

まず、序盤で叩いた敵の妙義1を攻撃します。

距離は9.5Km、グナイゼナウであればバイタル抜きの絶好のチャンスです。

myogi74k_10s

後部砲塔4門で斉射!、2発命中。

残念、バイタルは抜けません。

更に前部砲塔2門、斉射!

1発命中。

myogi74k_14s

敵の妙義1がこちらに艦首を向けたので、敵の妙義2を狙います。

こちらは、初期型の船体Aです。

後部砲塔4門、斉射!

2発命中。

myogi74k_15s

また、妙義1に照準を絞って斉射を続けます。

大きな戦果は出ませんが、着実に命中させつづけ敵のHPを削り取ります。

敵のHPが半分を切ったところで、敵の妙義1が戦意を失って逃走を開始します。

砲塔の旋回が遅い妙義で旋回し、反対舷を見せての逃走です。

わたしの妙義は右砲戦の体勢のまま追撃します。

myogi74k_16s

残念ながら撃沈スコアは味方が持って行きました。



敵の妙義2を追い詰める

myogi74k_17s

船体Aの妙義2に照準を移します。

全砲門斉射!夾叉。。(つまり、はずれ)

myogi74k_18s

敵の斉射は余裕で回避します。

myogi74k_19s

再度、全砲門斉射!

バイタル抜き1、命中2、ダメージ17600。(やっと。。)

myogi74k_21s

敵の妙義2は逃げようとして、島に座礁します。

それを味方と共同で袋叩きにします。

味方が有能すぎて、またしても撃沈スコアを逃します。

 

敵の球磨の突撃

myogi74k_23s

敵の瀕死の球磨さんが横腹を晒して突撃してきます。たぶん、味方戦艦に魚雷を射つつもりでしょう。

全砲門斉射!夾叉1発命中。

グナイゼナウだったらバイタルを抜いて撃沈間違いなしでしたが。。やはりそこは苦行艦の妙義さん。敵のHPを削っただけでした。

敵の球磨も味方が撃沈します。

 

敵戦艦カイザーと接近戦

myogi74k_24s

敵の戦艦カイザーが至近正面です。

カイザーの斉射を浴びますが、艦首を向けているので痛くないです。

慎重に敵のバイタルを狙って、前部砲塔2門を斉射します。

myogi74k_27s

2発とも命中!

グナイゼナウならバイタル抜きか、外れるかですが。。

妙義はこの距離でも弾道が山なりです。これではバイタルを抜ける訳がありません。

同じ主砲を持つ、戦艦金剛、扶桑のアチャーな感じが漂ってきます。

myogi74k_28s

島が邪魔で転舵しはじめた時に、敵の雷撃機が雷撃体制でせまってきます。

回避できる訳もなく魚雷2本命中した挙句、島に座礁します。

応急工作班と修理班を使いましたが。。妙義の弱点をさらけ出しました。戦艦カイザーやバイエルンなら1本は回避できたでしょう。

myogi74k_29s

そこへ、カイザーが転舵して迫ってきます。

これは勝ちです。。カイザーの後部砲塔は明後日の方向を向いています。

妙義は後進しながら全砲門斉射!

命中4、火災1、副砲4

バイタル抜きではないですが、ダメージ10617。

myogi74k_30s

トドメの斉射!

全弾命中、副砲5。ダメージ3420。

直前の魚雷の浸水もあり、撃沈スコアは味方が取りました。

(味方が敵を炎上・浸水させている最中に、撃沈となるダメージを与えると、味方が撃沈スコアを取ります)

myogi74k_31s

残りは敵の空母ですが、味方が有能すぎました。

最近、撃沈スコアを殆ど取れない病です。。



成績

戦艦妙義で戦績74K

戦績は74269を達成しました。

バイタル1、命中40、撃墜1、副砲11、火災2。

戦績74Kなんて戦艦では普通のスコアですが。。妙義さんで出したことが意義があります。(かな?)

毎回この戦績を出せば、妙義のTop Playerに名前を連ねることができますが、わたしには無理です。

 

今回はグナイゼナウと妙義では戦い方は違うと感じました。

日本の戦艦のプレイヤー共通の長距離砲戦に偏って「芋プレイヤー」と味方から叩かれるのは避けたいですが、ボトムTierの時は接近戦は避けようと思います。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket