【WoWs】楽しいフランス巡洋艦シャルル・マルテル

フランス巡洋艦ツリーの攻略はラ・ガリソニエールまでと決めてました。

そのせいで、Tier8のシャルル・マルテルまで到達するのにだいぶかかりました。

 

主砲

アルジェリーのコンパクトな砲塔に比べて迫力があります。

ちなみに、これは初期砲塔です。

いつもは強化・アップグレードが完了するまでランダム戦には行きませんが、シャルル・マルテルは初期砲塔でも十分活躍できます。

 

主砲を強化すると。55口径となり砲身が長くなります。

 

着弾を確認して次弾の偏差を修正してますが。。

装填も10秒ともなると着弾前に次の斉射をして行きます。

 

強くなったせいでプレイスタイルが強気になり、生存率が下がります。

「かすり傷だ」メダルをゲットならいいんですけど。。

 

だらしない味方の駆逐艦の代わりに、シャルル・マルテルがCAPしまくってTOPスコア。

敵の駆逐艦の雷撃で沈没なんて、シャルル・マルテルでは初めてです。

 

装甲

砲塔の前面装甲は140mmあります。

愛宕・妙高のように砲塔がポコポコ壊れることはなさそうです。

ただし、敵が巡洋艦と戦っている時だけです。

甲板装甲は80mmと、愛宕よりも厚いくらいですが。。

Tier8戦艦にガシガシ抜かれます。

 

HP

修理班も無いのに38000しかありません。

愛宕が40100なのに修理班まであります。

ただ、愛宕・妙高クラスは全砲門を向けようと横腹を晒す方が多いので大して怖くないです。

(抗堪がほしくなりますが。。2800ポッチですから解決になりませんね)

 

強いAP弾

フランス巡洋艦は戦艦を燃やす艦と思われがちです。

でも、実はAP弾がとても強いです。

横腹を晒して全速力で疾走する愛宕を発見します。

14.4Kmと遠いですがAP弾を斉射!

愛宕のバイタルを3つ抜いてしまいます。

 

 

この他にも、

艦首を向けているARP Takaoに近距離からAP弾を浴びせたら、

バイタルを抜いてしまったことがあります。

艦首を貫いてエンジンを破壊したようです。

 

ラム狙いで突撃しましたが、これじゃやっていることが戦艦ですね。。

「巡洋艦でいかにセーブスターを取るか」は課題です。

 

 

 

結論

回避盾で10秒間隔で主砲弾を浴びせる。。

例えるなら「Tier8のラ・ガリソニエール」ですね。

 

「なんだあの苦行艦かー」と言われると困るので言い直すと、

「安全な距離から、回避盾でヒョイヒョイと敵弾を回避しながら、敵の戦艦をボンボン燃やし、AP弾で敵の巡洋艦のバイタルを抜くことができる艦」です。

 

ちなみに、回避盾が出来ないのならフランス巡洋艦ツリーはおすすめしません。

 

追記:

メチャメチャ楽しいです。

遠距離から火力支援をする艦ですが。。そう考えないようにしています。

 

 

敵のヘイトを散々集めておいて、敵弾は回避してしまう艦です。

程よいところで、隠蔽に戻って敵のヘイトを引き剥がします。

 

 

だから、島影なんて必要ありません。

味方駆逐艦の支援も、ちゃんと引き撃ちの体勢を作ってから、敵の駆逐艦を叩きます。

 

 

とにかく融通が効くのが魅力です。(ラ・ガリソニエールと同じ)

 

ただ、余りにも楽しすぎて1試合で満足してしまいます。

 

 

LINEで送る
Pocket