【WoWs】無線方向探知スキルの落とし穴

わたしの米駆逐艦の艦長さんは、米巡洋艦ツリーから異動させた米艦長の中でTOPな艦長さんですが、それでもレベル13です。

ベテランの駆逐艦乗りと対戦すると、相手は大抵「無線方向探知」スキルを持っていますが、こちらの艦長は持っておらず悔しい思いをさせられます。

 

英巡駆逐艦ハンターあがり

マッチングの時に敵と味方の情報をみる方法があるようですが、わたしのシムスは成績もパッとしないソロの初心者プレイヤーに見えると思います。

駆逐艦の総バトル数は200戦に満たないですから、初心者なのは確かです。

でもね。英巡で駆逐艦ハンターとしてプレイした経験があるので、甘くみると痛い目にあいます。

【WoWs】英巡リアンダーは駆逐艦ハンター

 

ガチガチ分艦隊マッチング

敵に分艦隊2つ、味方に分艦隊1つのマッチングです。

特に、敵の駆逐艦晴風とチャパエフの分艦隊は、レーダーを使って駆逐艦狩りをしてくるでしょうから要注意です。

マップは罠、シムスの初期配置は左翼でした。

 

全速38ノットでAに向かいます。

米駆逐艦らしく煙幕を味方に置き残します。

シムスの鈍足魚雷を時間差をつけて流します。

味方の駆逐艦キエフがBに行かずにシムスについて来てました。

誤射しないように注意しながら魚雷を発射します。

シムスの魚雷は鈍足、長射程、ダメージ小、リロードが早いという特徴があります。

命中を期待せずに、敵の妨害用にじゃんじゃんばら撒きます。

最初の煙幕が消失したので、また味方に煙幕を置きます。

キエフも煙幕を展開したので、敵からは煙幕のでっかいカーテンに見えているでしょう。

 

砲撃開始

SPOTは味方のキエフと戦闘機に任せて、座礁中の敵のネルソンに魚雷を流して、主砲を撃ちます。

味方のキエフが離れたので、敵のSPOTに煙幕を飛び出します。

敵のグナイゼナウが味方空母に突進していますが。。

シムスの鈍足魚雷は横からの攻撃には向いていません。

魚雷は別の敵に流して、グナイゼナウに主砲を撃ちます。

グナイゼナウは味方の集中攻撃もあって、炎上しながら轟沈します。

続けて島影から現れた敵のティルピッツを撃ちます。

シムスの背後の味方は戦艦2、巡洋艦1ですから、

敵のティルピッツもアーっという間に轟沈します。

 

左翼同士の遭遇戦

敵の空母が沈没しているので味方は有利です。

でも、隻数差は1隻しかありません。

敵の方が多くCAPしているので、時間が経つとポイントが不利になります。

 

敵はBの下に向かっているように見えますが、味方の戦艦はAに残っていますから、味方は各個撃破の危険があります。

とにかく、シムスは駆逐艦の仕事(BのCAP)をします。

 

無線方向探知される


BのCAPを終えて、あわよくばCもCAPしようと進みます。

ここで、無線方向探知で「探知された」と警告がでます。

 

無線方向探知スキルなんて持っているのは、敵のガチ分艦隊の晴風でしょう。

先ほど、敵の晴風は島の向こう側にいましたが、こちらに移動したのでしょうか。。

たぶん、シムズがBをCAPしたのを見て、襲撃・待ち伏せに来たのでしょう

味方の雷撃機の位置から敵の晴風の位置を推測して魚雷を流します。



ガチ分艦隊Bの晴風と戦う

味方の雷撃機が敵の晴風を発見します。

敵の晴風の背後にはガチ分艦隊Bのチャパエフ(レーダー圏外)と、アトランタ、天城が居ます。

シムズは煙幕を展開して、敵の晴風を砲撃します。

命中!

シムスが突出していることを知らないのか、敵の晴風は反撃せずに煙幕に立てこもります。

チャンスです。

敵の晴風は煙幕の中で、シスムの行動が見えなくなります。

シムズは晴風が隠れる島の左右に魚雷を流し、

敵の煙幕に突撃します。

途中で魚雷がヒットして、敵の晴風を撃沈します。

シムズは敵を追撃しながら、残ったCをCAPし、1000ポイント達成でプレーを終了します。



成績

戦績は普通です。

敵の晴風を撃沈してなかったら、戦績はほとんど無いところでした。

 

A、B、Cと3つもCAPしたので順位はTOP2でした。

敵のガチ分艦隊Bは敵の中でTOP1,2,3を占めています。

やっぱり危険な連中だったんですね。

今回はガチ分艦隊のクランマスターを撃沈出来て大満足です。

 

勝利の要因は

敵のガチ分艦隊Aは空母とアトランタのコンビでしたが。。

アトランタは対空に専念せず、Bの中に入り込みます。

一方、空母はAに向かう戦艦群の後ろを進みますが、ここを味方の空母の雷撃機に襲われて轟沈します。

敵の分艦隊Aのミスが無ければ、シムズがいくら奮戦しても、負けていたでしょう。

 

微妙な「無線方向探知」スキル

敵の晴風の艦長が「無線方向探知」スキルを持っていなかったら、「探知された」と警告が出ることはなかったでしょう。

シムズは敵の駆逐艦はBの下側の島の向こうにいると思っていますから、先制の置き魚雷を流してはいなかったでしょう。

「無線方向探知」スキルは欲しいと思っていますが。。

今回は「無線方向探知」スキルのマイナス面を見てしまいました。

 

LINEで送る
Pocket