【WoWs】米駆逐艦ベンソン、味方の劣勢を三度覆す

駆逐艦は勝率もWTRも結構良いです。

ところが、未だに苦手意識が残っていて、「魚雷でも流してくるかー」と軽いノリで出撃できません。

マハンもベンソンも「戦況を見守りながら、戦いの流れを変えようと行動を起こす」が出来ているから、活躍できているのでしょう。

そう考えると、「駆逐艦でご気楽に戦いに行く」ようになったら、それは駆逐艦で勝てなくなる時かもしれません。

 

初動は右翼へ

ベンソンはトップTierの駆逐艦です。

右翼に行くか、左翼に行くか、それとも中央で戦いかで味方の戦いに大きな影響を与えます。

左翼には砲駆のファラガットと、レーダー艦のアトランタが居ます。

一方、右翼は砲力の弱い吹雪です。

ベンソンは右翼の吹雪を支援することを選びます。

中央の味方の戦艦3隻が左翼へ向かいます。

キッツイけど、右翼に行って正解でした。

これだけ右翼が手薄となると、ベンソンが支援は必須でしょう。

(でも、いっつも貧乏くじを引かされるのはナゼ?)

 

隠蔽勝ちのベンソン

右翼に行って、いきなり敵の暁を見つけます。

ファラガット、マハンと今まで「隠蔽負け」をしてきましたが、Tベンソンの隠蔽勝ちするようになります。

(隠蔽性能が悪い暁は、CAP争奪戦で迷走する姿をよく目撃します)

敵の暁を味方とともに袋叩きにします。

暁の隠蔽負けのせいか、敵は島の向こう側でずーっとウロウロします。

ベンソンはそんな敵をSPOTし続け、魚雷を流します。

 

逆転1、ビスマルクを撃破

ところが、味方の吹雪が中央に遊びに行ってしまいます。

右翼自体が敵の左翼より劣勢なのもありますが、右翼のクィーン・エリザベスとヒッパーが後退してしまいます。

ベンソンは1人で、敵の暁と戦い。

前進してきた敵のビスマルクに魚雷を流して、

煙幕射撃をします。

魚雷命中!

右翼の戦いの流れを変える戦果ですが、

敵のビスマルクが向かってきます。

離脱!(そもそも煙幕射撃は余計だったかな)

しかも、敵の暁が魚雷を流そうと接近してきます。

エンジンブーストON!

敵のビスマルクが島の向こうを逃げていきます。撃沈スコアは味方がとりました。

横から敵の青葉にも撃たれるは、

舵が壊れているのに、背後から敵の暁の魚雷が迫ってくるわ。。で散々です。

幸い、「最後の抵抗」スキルとエンジンの減速で敵の魚雷を回避します。

敵の扶桑のAP弾も当たらなかったし。

振り返ると、トンデモナイものを目にします。

味方の吹雪が、ベンソンの消えて行く煙幕から取り残され、敵の暁に撃たれています。

ベンソンは即座に敵の暁にHE弾を浴びせますが、、

味方の吹雪は、敵の青葉の魚雷で沈没します。(うーん)

ベンソンは敵の暁にトドメを刺しに背後から接近します。

味方のヒッパーが水中聴音を使って、敵の暁を撃沈します。



逆転2、敵が集結

右翼で勝利を収め、味方のヒッパーが 前進しますが。。

これは危ないです。

敵は敵の陣地の背後に集結していますが、味方はバラバラです。

味方は勝ったつもりで前進していますが、これは明らかな負けパターンです。

集結した敵に、味方は各個撃破されます。

 

実際この後、敵の陣地を踏んでいた味方のファラガットは撃沈され、コロラドは敵のキング・ジョージVに撃沈されます。

マップ右端をウロウロする鈍足戦艦ニューメキシコは戦力になりません。

ベンソンは敵のキング・ジョージVに魚雷を流しながら、

座礁中の味方のヒッパーに煙幕を展開します。

それなのに、危うく味方のヒッパーのFFされそうになります。(オイ)

すぐに、煙幕を飛び出して敵をSPOTします。

なんと、敵の駆逐艦フーシュンまでいます。

集中砲火を浴びる覚悟で、煙幕を飛び出しました。

でも、ここでもベンソンは「隠蔽勝ち」します。

流した魚雷で、敵のフーシュンを撃沈しました。(これはオマケ)

そして、敵のキング・ジョージVにも2発命中!

 

逆転3、ヘイト分散

味方のデューク・オブ・ヨークが撃沈され、まだ安心できません。

敵のキング・オブ・ジョージVの砲塔の向きから90度のところまでベンソンを前進させます。

そして、ヘイト分散のために砲撃を開始します。(かなり強気)

手痛いダメージを受けますが。。敵のキング・オブ・ジョージVに魚雷を流します。

敵のキング・オブ・ジョージVを撃沈します。

これでだいぶ楽になりました。




勝利を確実にする

敵の陣地に味方の巡洋艦2隻とともに乗り込みましたが。。

敵のもう1隻のギング・ジョージVと愛宕に対して、味方のヒッパーと妙高は傷ついています。(ベンソンも)

味方の2隻の巡洋艦が撃沈されたら、逆転負けするかもしれません。

確実に勝利を手にいれるために、ベンソンは味方の巡洋艦に煙幕を展開します。

そして、回避盾で敵の愛宕にHE弾を浴びせます。

幸い敵の愛宕は横腹を晒して走り抜ける。。いつもの愛宕でした。

味方の妙高がAP弾でバイタルを抜いて撃沈します。

続けて、回避運動をしながら、もう1隻のキング・ジョージVにHE弾を浴びせます。(かなり強気)

敵のキング・ジョージVが撃ってきますが、ベンソンは敵の主砲弾を見て、余裕で回避します。

味方はポイント優勢でプレーを終えます。

 

成績

味方は3回劣勢に立たされましたが、その度にベンソンで戦況を立て直しました。

負け試合を勝利にひっくり返したせいか、ここ数日の勝率もWTRも伸びました。(ウハウハです)

お陰で(欲が出て)益々戦い辛くなりました。

LINEで送る
Pocket