【WoWs】経験値、WTR、勝率を上げる方法

World of Warshipsはゲームですから、成績なんか無視して楽しめばいいんですけど。。成績(経験値、WTR、勝率)を上げる方法を考えてみました。

 

平均経験値(Average Experience)を上げる

プレミアムアカウントで50%UP

プレミアムアカウント中は経験値が50%UPされます。

今回プレミアムアカウントを購入して初めて気がつきました。

World of Warshipsのサイトで表示されるAverage Exprienceは、プレミアムアカウントを使っていると50%UPだったんですね。。

(なんて不公平な。。)

 

陣地占領ポイントをゲットする

fiji_caps

ただし、巡洋艦でCAPするときは、自殺行為にならないことを確認してからです!

 

陣地防衛ポイントをゲットする

fiji_defece_points

CAP中の敵を叩くと防衛ポイントが付きます。

 

WTR(Warships Todays Rating)を上げる

戦績を上げ、撃沈スコアを上げ、撃沈されないこと、勝率を上げることでWTRも上がりますが。。

こちらも、プレミアムアカウントは平均経験値が50%UPするので、WTRも跳ね上がります。

逆に言うと、プレミアムアカウントを使ってしまうと、突然50%UPのデータが混じってしまって、自分の成長ぶりをチェックできなくなります。

 




戦績(Average Damage)を上げる

高Tierで戦う

高Tierの方が自艦も敵艦もHPと攻撃力が高いですから、高い戦績が出ます。

例えば、Tier7のグナイゼナウのHPは58200、Tier8のビスマルクのHPは69200と11000の開きがあります。

Tier7でプレイするよりも、Tier8でプレイすると戦績は10Kはアップします。(逆に言うと、アップしなければならない)

 

戦い続けること

もちろん、序盤からプレー終了まで戦い続けることが一番いいですが。。

途中で撃沈されることが多い方は、前半は芋でも生き残り、後半はがっつり戦うことでしょう。

 

魚雷を命中させる

巡洋艦であれば、魚雷を命中させると数万単位で戦績は上がるようになります。

fiji_torpdo_1s

魚雷が命中しないのであれば、魚雷を撃つときにガイドを無視して、敵の先の動きを読んで魚雷を流します。

fiji_torpdo_2s

巡洋艦であれば艦尾を振って、両舷の魚雷を発射しましょう。

英巡の旋回性能は抜群なので、片舷だけ魚雷を撃つような勿体無いことをしないで、きっちり両舷の魚雷を撃ちましょう。

 

敵戦艦に打ち込む場所を選んで撃つ

fiji_shoot_bbs

巡洋艦のAP弾であれば、敵戦艦の舷側装甲や主砲を射っても弾かれます。

大きなスコアがあがる箇所を選んで撃ちましょう。

HE弾なら燃えていないところに撃ちます。

大炎上しているなら、AP弾に切り替えて撃ちます。

 

装填速度を最大限生かす

ニュルンベルクなどの装填速度が早い艦や、艦長スキルのアドレナリンラッシュを持っている艦は、装填速度を最大限生かすために、(マウスを右クリックし続けて)連射しましょう。

nurnberg_continuefires

ニュルンベルクで、敵のニュルンベルクを追撃しました

追う側が危険な追撃戦ですが、

敵艦の動きに追尾して連射しているので、山なり弾道でもどんどん命中していきます。

敵はランダムな回避運動をしながら、時折転舵して全斉射してきますが。。敵弾の上がり方をみて、さっと回避してしまいます。

 




勝率なんて気にするな!

勝率なんて気にしない方がいいです。

なんで?って

わたしはMacでプレイしていますが、0.8.3のアップデートで一時Wowsが動かなくなりました。

アカウントを売却直前で、動かす方法があることを見つけましたが、、そこで得た悟りがあります。

Wowsのサービスなんていつまで続くか分からないのなら、「ただ楽しむだけ」にして「勝率なんて放っておきなさい」です。

それでも、勝率に拘るのならどうぞ。

 

 

 

強い人と分艦隊を組む

これに尽きますね。

ただ、自分が強くないと「強い人と組む」のはできないですね。

逆に、ランダム戦なのになぜ勝率50%にならないのかというと、勝率の為に分艦隊を組んでい参戦している奴らが居るからです。

ランダム戦は敵は12名、味方は12名です。

分艦隊は3人ですから、ソロプレイヤーでいる限り、ガチ分艦隊が味方に来ない確率の方が高いです。

 

それでも勝率を上げたいのなら

勝率を上げるには、いくつか方法があると思います。

【WoWs】勝てない病はツライよ
以前は勝てない病がありましたが、最近は勝率がいいです。

 

敵の数を減らす

World of Warshipsは瀕死でも全力で戦えるルールなので1隻でも敵を減らさなければなりません。

敵のバイタルを抜いた時は、周囲の味方に「F7」で集中攻撃を要請しましょう。

「撃沈スコアを挙げたい」よりも「勝利したい」を優先させましょう。

 

 

AIM力を高める

まず、斉射したらどこに着弾したか必ず確認しましょう。

敵艦と着弾地点の距離の分だけ、次に撃つときに補正をします。

遠距離砲戦の場合は、敵艦の次の動きを読んで撃ちます。

これをきちんと繰り返していたら、大抵はAIM力が上がります。

シナリオ戦の「イージス」で練習するといいですね。

横腹を晒した敵艦相手に、1戦で18ぐらいバイタルを抜けます。

 

敵の装甲を把握する

Tier4のドイツ軽巡洋艦カールスルーエの舷側装甲は、かなり広範囲に60mmの装甲が貼ってあります。

 

Tier6のニュルンベルクは格下が相手だとHE弾でもバイタルパートが抜けます。

でもこいつはダメです。

上部構造物のHPが尽きると、撃っても撃ってもカスダメしかでなくなります。

 

敵艦のバイタルパートを把握する

敵艦のバイタルパートにAP弾を叩き込むと、「バイタル抜き」となり大きなダメージを与えることができます。

バイタルパートはエンジンルーム、弾薬庫、そして主砲パーペットです。

 

自分の艦の最適戦闘距離を掴む

自艦の弾道によって、敵艦のバイタルパートに最も刺さり易い交戦距離が変わります。

こんなバイタルパートが海面ぎりぎりの敵艦だと、

低弾道なフランス戦艦ダンケルクと、ユフフワ弾道なウォースパイトで、AP弾がバイタルパートに刺さる距離がかなり違います。

ダンケルクを使っていると過貫通に泣くことが多いですが、ここらへんを認識して立ち回りをすると、結果がだいぶ違います。

ユルフワ弾道のウォースパイトだと命中させるのが難しいですが、AP弾が上から落ちる関係でバイタルパートに刺さりやすいです。

 

基本は距離が近い時は舷側装甲を狙い、距離が遠い時は甲板を狙います。

ただし、それぞれの艦のAP弾の弾道によって異なります。

フランス戦艦ダンケルクは、遥か向こうで安心して横腹を晒している敵の扶桑を撃つと、驚くような結果が出ます。

 

 

自艦と敵艦を把握する

自分の艦の特徴と敵の艦の特徴を把握すると、戦い方を工夫することで勝てるようになります。

多数の敵から緊急離脱した瀕死のウースターが、

ほぼフルHPの敵の大和に喧嘩を売ったら、普通は絶対勝てません

しかも、相手は重装甲の巨艦、こちらはペラ艦です。

それでも、AP弾を撃ち合って勝ってしまうのは、勝つための手を全てを尽くした結果です。

要は、

HE弾で敵の大和に2火災を起こさせてから、敵の大和32mm装甲の部分をAP弾で全火力で叩きました。

32mmの装甲だって、ちょっと角度をつければ15cmAP弾なんて弾いてしまいます。

自分の艦の強みと弱みとはキチンと把握しないとね。

せっかくの大和なのに勿体ないでしょう。

 

トレーニングモードを使い倒す

ランク戦とかだと大和だらけだったりするので、戦艦で戦うためには対大和戦術が必須です。

昔だったら、ランダム戦、あるいはCo-op戦で地道に経験を積むしかありませんでした。

でも、今は「トレーニングモード」を使います。

トレーニングモードで試すのは敵戦艦相手にどうAP弾を撃ち込むとバイタルが抜けるのかを確認します。

対大和であれば、大和弱点を狙って、どのくらいの距離で何回斉射すればいいのかなどです。

他にも敵艦とじっくりと、いろんな方法を試しながら打ち合うこともできます。

前のランク戦はかなり研究しました。

 

ただし、トレーニングモードと実際の戦場は異なります。

例えば、

敵をサイドアタックするために初動で左に舵を切ると、、

味方の戦艦が一斉に付いてきて、後方で芋られることが結構な割合でありました。

 

撃沈に結びつかない戦績はただの数値

巡洋艦のHE弾で敵の戦艦を燃やすと、敵は黒煙を上げてボンボン燃えます。

そして、与ダメがチャリンチャリンと上がっていき、なんか仕事をしている気になります。

それで、敵の戦艦を撃沈できたのならオッケーです。

でも、敵の戦艦に隠蔽に入られて逃げられたのなら、、ダメです。

戦艦は火災ダメージを受けても、修理班でほとんど回復することができます。

戦艦で「ドレッドノート」メダルを貰うような時は、被ダメージは戦艦のHPの1.5倍ぐらいになっていることもあります。

敵の戦艦をどんなに燃やしても撃沈してなければ、敵の戦艦は全速で走り回り、主砲を撃って、味方を撃沈します。

もし、高い戦績を上げても勝てないのであれば、まずはこの焼け太りのダメージが戦績に含まれて居ないか疑って見るべきでしょう。

(もちろん、高い戦績を上げたことは素晴らしいことです。。)

 

戦いの流れを読んでターゲットを決める

最優先ターゲットは、敵と味方の構成や、プレーの流れで変わります。

大事なのは、自分の戦績は考えずに、勝つためのターゲットを決めます。

 

例えば、味方の戦艦と敵の戦艦が撃ち合っていたら、敵の戦艦の注意を引くために、HE弾を打ち込みます。

敵の戦艦と、味方の戦艦が接近戦を始めたら、彼らには周囲の状況は見えなくなります。

味方の戦艦の代わりに周囲の状況を見たり、突撃して支援するなどの選択肢があります。

例えば、ケーニヒスベルクだったら、至近距離まで接近すると戦艦金剛のバイタルを抜くことができます。

もちろん魚雷を打ち込むことだってできます。

 

勝てる艦を選ぶ

自分に合った艦を選ぶのが一番です。

わたしの場合は、ランダム戦はサン・ルイ、ランク戦はウースターでした。

サン・ルイの勝率は61%、ウースターは82%くらいでした。

(注意! 昔強かった艦が今も強いなんてことはありません)

 

ただ今は空母全盛です。

ランダム戦で戦うと、敵の水上艦との戦い以前に、敵の艦載機の空襲に振り回されます。(くそげー)

クソ空母に勝敗を左右されないためには、Tier10,7,5の対空力のある艦を選ぶといいでしょう。

空母はTier10,8,6,4ですから、自分がボトムTierになっても空母のTier差は最大でも1つになります。

Tier5のエミールベルタンで、敵空母を相手に奮戦できるのも相手が格下のTier4空母だからです。

 

実力が無いならボトムTierを選ぶ

自分が初心者(あるいは戦うが下手)だと自覚があるなら、Tier10艦は避けましょう。

Tier10艦で出ると100%トップTierです。

トップTierの艦が火力を出せなかったり、立ち回りがおかしかったりすると、その試合は負けます。

少なくとも戦い方を勉強中!というのであればTier10艦は避けましょう。

 

戦艦は「ドレッドノート」メダルを貰うべし

戦艦であれば修理班を最大限に活用して、HPを最大限に発揮して生き残りましょう。

プレー終了後に「ドレッドノート」メダルを貰うくらい敵の攻撃を受け止めたら成功です。

味方の代わりに敵の攻撃を受け止めるのが戦艦です。

味方が全滅して最後の生き残りの戦艦がフルHPなんて、不名誉以外の何ものでもないです。(問答無用で通報されます)

 

巡洋艦での話ですが、

サン・ルイで回避盾をしながら奮戦したら、味方の最後の生き残りなのに、被ダメゼロなんてことがありました。

 

見た目、芋にしか見えませんからヤバヤバです。

 

 駆逐艦はSPOTの重要性を意識する

味方駆逐艦がSPOTを放棄して逃走すると、、

全く敵が見えなくなります。

そうなると、一方的に撃たれます。

敵が発砲すると敵艦が見えますが、20秒間でまた見失います。

相手が見えている間しか敵を撃てないので、主砲の装填速度が早い利点が打ち消されてしまいます。

 

最後まで諦めない

一方的にSPOTされたら、無理をせずに後退します。

そして、敵を島影から引っ張り出すと各個撃破できたりします。

 

敵の駆逐艦(SPOTER)を潰す

反対に敵の目となる駆逐艦を潰すと、楽に勝てます。(ことがあります)

そのためには、島影に籠っていてもダメです。

敵の駆逐艦の動きを読んで罠を仕掛けたりします。

 

高Tierでは直進・全速はしない

ゲーム実況を見ると分かりますが、

みなさんマメに進路を変えたり、速度を変えています。

一直線に全速前進するのはTier4くらいまでにしてください!

 

隠蔽に戻ることを考えて動く

空母全盛時代なので、隠蔽に入れないことが多いですが。。

それでも、常に次のステップ、次の次のステップを考えて進路を決めましょう。

特に初動で、全速力で前進したら優勢な敵と出会ってしまい、あっという間にすり潰される。。のは止めましょう!

こんなプレイが許されるのはTier4くらいまです。

Tier10でこれをやると、Botと疑われて運営にチケットを切られます。

 

ヘイトを管理をする

よほどのベテランでない限り、艦長スキルの「危険察知」スキルは取りましょう!

こいつは画面上に、今自分の艦に照準を向けている敵艦の数を表示します。

こうなったら、緊急事態です。

発砲を止め、速やかに撤退します。

 

過剰なヘイトを受けないためには、味方とのラインを意識するといいです。

 

逆に勝つために、あえてヘイトを引き受けることもあります。

ドイツ戦艦で突撃するなら、ビビって日和らないよう「危険察知」スキルは無い方がいいです。

 

防御姿勢で有利に戦う

Tier6戦艦でTier8戦艦とタイマンで戦う。。

これ普通は勝てないです。

でも、防御の姿勢を最大限に生かして戦うと勝てます。

Tier6の扶桑でも、防御の姿勢を最大限生かせば、敵のTier8の天城を倒せます。

 

火力を発揮する

脆いレーダー艦は敵戦艦の餌です。

なので、レーダー艦で島影を使って戦います。

ただ、島影にべったり張り付いていると、火力を発揮できません。

火力を発揮できない艦がいると、当然ながら負けます。

リスクを秤にかけながら、火力を発揮します。

その方が楽しいです。

 

たまーに、

(散布界の乱数に負けて)手痛い目にも合いますが。。

ヘコタレてはいけません。

 

CAP優勢、敵レミングスに返り討ちされる

CAPして目の前の陣地がグリーン色になった途端、ほぼ味方は前進して追撃モードに入ります。

その先で敵がレミングスしていてもお構い無し。。

戦力が集中している方が強いですし、空母マッチなら尚更です。

結果、突進していった味方はバタバタと沈没します。

 

 

なお、「CAP優勢、敵レミングスに返り討ち」の状況になるのは結構多いです。

 

初狩りがいなくなった戦場で

その昔、Tier5戦場はベテランが勝率と与ダメを稼ぎに来ていました。

彼らはOP艦に19艦長を乗せてくきます。

初心者は彼らにバッタバッタと撃沈させられたことから、「初狩り」(初心者狩り)と呼ばれていました。

 

ところが、空母システム刷新されてから「初狩り」の奴らをとーんと見かけません。

OP艦の強みが色あせたのか、あるいは強欲な奴らが引退したのかは分かりません。

でも、おかげで。。

中堅以上であればツリー艦で暴れることができます。

「共謀者」「クラーケン来襲」「最初の獲物」「大口径」メダルがじゃ〜らじゃら。

味方の2倍以上働いて敵を5隻沈めれば、大抵勝ちます。

スコアだけ見ると「初狩り」ですが、

あの「オマハ」と、「レベル8艦長(スキル2つは未設定)」ですから、中身以外は対等です。

 

オマハは使い辛いことで有名で、よく冗談のネタにされたりします。

 

 

損切り

地道に勝利を積み上げても、なぜか理不尽な連敗が続くことあります。

勝利に飢えた状態で戦っても、冷静な立ち回りなんてできる訳がないです。

連敗がある数に達したらWowsを落とします。

「ま、こんなこともあるさー」

そして、次の日に賭けます。

 

ただし、どこで「損切り」するかは難しいです。

4連敗して「今日はダメな日か?」と思っても、

そこから5連勝したこともあります。

 

駆逐艦負け

味方の駆逐艦が沈没して視界が無くなったり、あるいは味方の駆逐艦が頼りなかったりすると、、

巡洋艦はぱーっと逃げ出し、戦艦も後退してしまいます。

 

巡洋艦でも回避盾ができるのであれば、敵に撃たせることで視界を取り戻すことができます。

ただ、慎重に戦わないとすり潰されるので注意が必要です。

 

レミングス勝ち

どう動いたらいいか分からない方が多いと、レミングスが発生します。

基本、各個撃破されないように動きます。

味方の集団に敵がパラパラと遭遇して、各個撃破して勝つこともあります。

ただ、

ここまで群れていたら、諦めるしかないです。

 

低中TierでTOPスコアを上げる

常にTOPスコアで敵を3隻か4隻撃沈していると、勝率は60%を超えます。

実力があるなら、中Tierあるいは低Tierで戦うと勝率を稼ぐことができます。

 

LINEで送る
Pocket