【WoWs】絶好調ペンサコーラ、米巡ニューオリンズを入手

久しぶりに乗ったペンサコーラが絶好調です。

最高戦績がどんどん伸びて行き、撃沈スコアも上がって行きます。

やっていることは、以前と同じで回避盾なんですけどね。。

もちろん、味方の問題もありますから、常に勝てるとは言いません。

ちなみに、ペンサコーラはWorld of Warshipsの全体の平均勝率はどん尻のの46.6%です。

勝率を気にするなら、ペラ艦のペンサコーラに手は出さない方が無難です。

 

マイブームは妙高なのに

計画では日本戦艦を天城に、日本巡洋艦を最上へと攻略する予定でした。。

ところが、WGの都合に振り回され続けます。

 

英戦艦ツリーの登場

英戦艦ツリーには手を出さないつもりでした。

ところが、図面の旗と交換で英戦艦を3隻押し付けられてしまうと。。

ツイ攻略を始めてしまいます。

これで、長門の強化の資金が足りなくなり、長門の攻略が止まります。

 

2周年記念のTier8-10の艦艇セール

この前、入手したTier8の英巡エディンバラは、Tier10戦場に召喚されるのが嫌で放置しています。

それなのに、入手可能かTier8を物色します。

攻略中のTier7艦は妙高、ペンサコーラ、ヨルクと居ますが。。手が届くのは米巡ニューオリンズだけでした。

ニューオリンズはWorld of Warships全体の平均勝率でTier8の巡洋艦でビリです。

手を出さないでおこうとしましたが。。

2周年記念コレクションで、ニューオリンズの専用迷彩を手に入れます。。

こうなると、ニューオリンズを入手するしかなさそうです。

(妙高は楽しいから、攻略を急ぎたくなかったのもあります)

 

と言うわけで、ペンサコーラで連戦します。



ペンサコーラ1戦目

マッチングを見ると、ダンケルクが3隻で分艦隊を組んでいます。

いわゆるお遊び分艦隊ですね。

初動から、おかしなことになります。

初期配置が左翼の吹雪がはるばる右翼に向かったり、左翼から右翼に行こうとして断念した古鷹とか。。

味方の大半がAに殺到しますが。。敵が先にAの占領を始めたのを見て、味方の暁が怖がり近寄りません。

暁の隠蔽性能が悪いので、CAPができないとか色々事情はあると思いますが。。

怖がった相手が隠蔽性能が悪い格下のT-22でした。。

これだけの味方が背後にいるのに何やってんの?

 

Dで敵の駆逐艦を撃破して、勝利に前進したかと思いますが。。

ダンケルクが突撃してきます。

味方の駆逐艦は魚雷を流して煙幕に籠ります。。

ペンサコーラも敵戦艦2隻をバンバン燃やしますが。。

艦首を向けて突進してくる戦艦に魚雷が当たるわけもなく、

味方の駆逐艦が踏み潰されます。

うーん。。

敵が押して来たら引き、敵が引いたら押すのが駆逐艦じゃないんですか?

いつもの圧倒的多数の敵に追われる、いつものシーンになります。

 

ペンサコーラの戦績は93Kで、今までの最高戦績でした。

 

これで、左翼にレミングスしにいった連中が敵に打ち勝っていればいいんですが。。AのCAPすらできず負けました。

とにかく、駆逐艦プレイヤーの質が悪い試合でした。



ペンサコーラ2戦目

また、貧乏くじパターンです。

右翼の前の敵は戦艦4隻、巡洋艦2隻です。

 

島影戦術で戦いますが。。

敵の水上機に発見されます。

こちらも水上機を飛ばしましますが、敵の水上機を発見できません。

航空発見距離は普段は6.9Kmですが、

発砲するとゲージは10.9Kmまで伸びています。

でも、敵の水上機の姿はありません。(これバグですね?WGさん)

v0.6.11で修正されるようです。

「艦艇に発見された際に、航空機に発見された際のインジケーターが表示されるバグを修正しました」

まったくもー。

これで島影に居られなくなります。

そして、いつもの多数の敵に追撃されます。

ペンサコーラの艦長さんは艦長スキルの「敵弾接近警報」を持っていないので、多数の戦艦に撃たれると詰みます。

でも、ペンサコーラが後退戦を戦っているとき、周囲には味方多数いますが。。

味方の砲弾が飛んでいるのを見たことがありません。

敵から遥か遠くの島で座礁している、ビビリ英巡フィジーを見つけて、あーそーかと理解します。

このフィジーは右翼いましたが、発砲したり、魚雷を流しているのをみたことがありません。

敵が陣地に迫って来て、煙幕を展開して始めて、後部砲塔を申し訳程度に発砲します。

こういうビビリプレイヤーは理解不能です。

絶好調と言っているわりには。。

ツイツイ、回避盾で敵弾を回避しながら戦ってしまいますが、敵艦のロック2とか3になったら隠蔽で逃げるべきですね。

 

 

ペンサコーラ3戦目

前半まで島影戦術で戦い、自分のHP分の戦績と撃沈スコア1を挙げます。

一時は味方が全CAPして勝つかと思いましたが。。一気に逆転されます。

CAPよりも敵の殲滅が大事ですね。

ペンサコーラは島影から飛び出して戦います。

ほぼ同じくらいのHPで敵のヨルクと向き合います。

接近戦は負けません!と言いたいところですが。。

ペンサコーラはペラ艦、ヨルクは魚雷持ちですから圧倒的に不利です。

腹を見せないと思ってHE弾に切り替えると、ヨルクが腹をみせてみたり。。

AP弾を撃ち込んでみても、バイタルを抜けなかったり。。

負けて轟沈のペースです。

敵の魚雷はかろうじて回避しますが、ペンサコーラのHPはもう僅かです。

最後のHE弾で敵のヨルクに火災を起こすことに成功し、「かすり傷さ」メダルをもらいました。

ヨルクの方が圧倒的に強いのにね。。

 

 

ニューオリンズを入手

見た目、大してかわっていないように見えますが。。

砲塔は全て3連装砲となり、前部砲塔が6門、後部砲塔が3門のオーソドックスな配置になります。

ペンサコーラの強さは、後退戦で回避運動をしても、後部砲塔で5門を撃てることでしたが。。

ニューオリンズは3門です。これはイタイです。

ただ、装填速度がヨルク並みの12秒になるのは嬉しいです。

 

でもね。。ニューオリンズはTier8ですから、またTier10戦場に召喚されます。。

もう、考えただけでもウンザリです。

 

T10という魔境

ゲーム実況の解説動画を見ましたが。。

「Being matched up against T10 is always going to be tough for a t8 ship, but especially so for the NO.」だそうです。(NOはニュー・オリンズを指しています)

アチャー。。そうなんだよね。。

Tier8とか言いながら、ただのTier10接待要員でしかないし。。

まあ、努力せずにゆっくり育てます。

(と言うか、ベルファストが勝利を貪り喰っている魔境のTier7で、、ペンサコーラで活躍できたこと自体が奇跡かな)

 

ちなみに、World of Warshipsのランキングサイトで、ペンサコーラのバトル数と、T10のデスモニを比較すると。。

バトル数は同じくらいですが、プレイヤー数はデスモニはペンサコーラの1/10になっています。

T10戦場は、限られたプレイヤーが延々プレイしている感じなのでしょうか。

 

 

専用迷彩はスニーカーデザイン

専用迷彩はスニーカーみたいなデザインで、カッコよく無いですね。

効能はそれなりに有るので、デフォルトで使います。

 

LINEで送る
Pocket