【WoWs】英巡に乗り慣れると、ARP Takaoの舵が重い

最近英巡洋艦コースを攻め上げ、現在はTier7のフィジーで戦っています。

Tier8の巡洋艦が条件のコンバットミッションがあったので、久しぶりに唯一のTier8巡洋艦のARP Takaoで出撃します。

 

舵が重いARP Takao

takaos_rudder_3s

魚雷を発見して舵を切り、回避したと思いましたが。。命中します。

takaos_rudder_2s

旋回中に魚雷が迫ります。そのまま旋回しますが、感覚より少しはみ出てまた魚雷が命中します。

takaos_rudder_4s

スコールの中、敵のARP Takaoと遭遇します。

即座に左に転舵して斉射しますが。。敵のARP Takaoが思ったよりも速度が落ちていて、命中しません。

 

最近、日巡の戦績が低迷しています。

強い英巡の登場など外部の要因もありますが、米巡や英巡と同じように動こうとして、日巡の悪い旋回性能に阻まれているのが原因ではないのかと気がつきました。

 

日巡は舵の効きが悪い

舵の所要時間は大差ないですが、旋回半径がARP Takaoは790m、フィジーは590mです。

米巡ペンサコーラや英巡フィジーは、隠蔽状態で敵を発見ー>防御の体勢に旋回ー>狙撃するの戦い方をします。

ARP Takaoの隠蔽性能がいいので同じ戦い方をしようとしますが、舵が重いので思うようにならないです。

 

速度改善の旗は副作用がある

速度改善の旗「Sierra Mike」が余っているので、積極的に使っています。

ARP Takaoは十分高速ですが高Tierの戦艦には30ノットの戦艦がゴロゴロいるので、速度改善の旗を使うことが多いです。

速度改善の旗で艦の最高速度が増えると、旋回半径がその分だけ増えていると推測されます。

英巡フィジーは煙幕を展開時に煙幕の外に滑り出す事故を防ぐため、速度改善の旗は使っていません。

 

英巡の旋回性能に慣れた

今まで緊急回避の時は減速+転舵で旋回し、後から増速と細かな操艦を行っていました。

一方、英巡は旋回性能がいいので転舵だけで済ませていました。

今回、久しぶりのARP Takaoだったので、英巡以外の操艦を怠ったのも旋回性能を劣化させた原因かもしれません。

 

対策

対策は3つでしょうか。

1つ目、日巡は乗らない

性能がバッドな最上がTier8で立ちふさがっているので、日本巡洋艦ツリーを進める必要を感じません。(早く改善してよWGさん)

 

2つ目、戦闘時の速度を制限する

戦闘時の速度を30ノット以下にセーブする。旋回する時は減速するなどの対策でしょうか。

ただ、ARP Takaoは旋回時の減速率が大きいと感じます(個人の印象です)。

旋回の目的は敵の散布界から逃れることですから、速度が遅いのはマズイかもしれません。

 

3つ目、島影や味方戦艦の脇でこそこそ

日巡は回避を主体に戦うプレイヤー向きじゃないです。

ドイツ巡洋艦もTier6から舵が重くなってきますから、回避を主体で戦っていけるのは英巡だけでしょう。

島影や戦艦のかげに隠れて戦っている巡洋艦をよく見かけますが、彼らのプレイを真似すべきでしょうか。。

 

LINEで送る
Pocket