【WoWs】迷惑な「ビスマルクキャンペーン」を楽しむ

World of Warshipsは、日本巡洋艦ツリー、ドイツ戦艦ツリーを最初に始めました。

そこから6ヶ月かかって、ドイツ戦艦ビスマルクを手に入れ、副砲特化ビスマルクにまで強化してきました。

bismarck_campagin_2s

副砲特化ビスマルクはトップTierであれば、ブルトーザーのように、敵の巡洋艦・駆逐艦を薙ぎ払って、敵の陣地まで進むことができます。

 

最近、ビスマルクに乗らない理由

そんなビスマルクですが、最近乗っていません。

理由は2つあります。

1つ目、ティルピッツのBuff

プレミアム艦のティルピッツのBuffで、ビスマルクが2流に成り下がりました。

Tier8戦場でティルピッツが居ると、ビスマルクは接近戦を回避しないと行けません。

ドイツ戦艦なのに接近戦を避ける?

これは楽しくないです。

 

2つ目、ドイツ戦艦の弾道から離れる

照準をするときは、敵艦との距離から「このくらい」で照準しています。

着弾までの秒数を見て照準したら、弾道特性なんか関係なく正しい照準ができるはずですが。。まだ、切り替えができていません。

そんな訳で、日本戦艦ツリーを育てようとすると、ドイツ戦艦の照準が狂い、ドイツ戦艦で戦うと、日本戦艦の照準が狂います。

 

ばら撒かれるビスマルク

ビスマルクはドイツ戦艦ツリーをTier8まで登ってきたプレイヤーの物でした。

でも、今はキャンペーンのエサとしてばら撒かれようとしています。

ビスマルクのユーザへの補償は「クレジット」「港スロット」だそうです。

WGさん、ビスマルクを開発するのにどれだけの労力を掛けたと思うの?わかってますか?

 

 

ばら撒かれたビスマルクを美味しく刈り取る

ビスマルクユーザをイラっとさせる「ビスマルクキャンペーン」。。

なんとかWGに仕返しをしてやりたい。

ARP Takaoの時のように、「ビスマルクキャンペーン」が終わると、Tier8-10の戦場に初心者のビスマルクが溢れることになります。

ここはもう前向きに、この初心者たちをアンチビスマルクの艦で迎え撃つ計画を立てます。

 

ビスマルクの弱点は2つあります。

1つは、甲板装甲が薄い

もう1つはWG限定ですが、燃やされることです

 

独断と偏見で、アンチビスマルクの艦をTier8で挙げてみます。(プレミアム艦は除きます)

 

1位、アメリカ戦艦ノースカロライナ

bimarck_returns1_15s

ビスマルクの甲板に高い弾道で主砲弾を落とすと、大ダメージが出ます。

以前、敵のノースカロライナにガッツリ削られたことがあります。

残念ながら、アメリカ戦艦ツリーはTier5のニューヨークで停止しているので、ノースカロライナまでたどり着けません。

ちなみに、ノースカロライナはWorld of Warshipsのサイトを見ると、Tier8の戦艦でビリの成績です。(ベテランのエイム力を見せるチャンスですね)

2位、フランス巡洋艦シャルル・マルテル

遠距離から燃やします。甲板装甲も80mmあるし。。

フランス巡洋艦ツリーはTier6のラ・ガリソニエールで苦戦中です。

ラ・ガリソニエールはボトムTierになったときに、15cm砲の威力不足、魚雷が片舷2本しかない、速度が遅いの欠点をさらけ出します。

あと半月でTier8のシャルル・マルテルは間に合わないです。

 

3位、日本戦艦天城

一応名前を挙げてみました。。

ただ、ビスマルクで戦っていて敵の天城を怖いと思ったことがないです。

それに日本戦艦ツリーもTier5の金剛で戦っているので、Tier8の天城は無理です。

 

 

4位、ARP Takao

日本巡洋艦のHE弾の大威力と発火率(17%)で、ビスマルクをぼんぼん燃やすことができるでしょう。

takaosecondplay_19s

一度燃やしたら発砲を止めて、優秀な隠蔽性能に逃げ込みます。

敵のビスマルクが火災を消したら、HE弾を浴びせてもう一度火災を起こさせたら、またさっと立ち去る。

ベテランユーザたるもの技を使わないと。。

撃てる限りのHE弾を敵の戦艦に浴びせたら反撃されて轟沈。。

なんてプレイをいつまでも続けてはいられません。

ARP Takaoはいつでも出撃可能です。

 

5位、英巡エディンバラ

相手は初心者ですから、ビスマルクは副砲特化はされていない前提です。

英巡フィジーで敵の戦艦相手によくやったように、

fiji_torpdo_2s

英巡エディンバラでビスマルクの距離10Kmに突入して、煙幕射撃を浴びせ、魚雷を置き土産にしてさっと立ち去ります。

先日、ようやく英巡エディンバラを入手しました。あと半月あればランダム戦に出撃可能でしょう。

 

6位、ドイツ巡洋艦アドミラル・ヒッパー

ドイツ巡洋艦アドミラル・ヒッパーは、遠距離射撃で火力支援として使うことが多く、World of Warshipsのサイトでも戦績は低めです。

でも、それなりの装甲と、射角の良い魚雷を片舷3x2(両舷で12本)を持つ、アドミラル・ヒッパーは突撃して雷撃するのが得意です。

この動画、プリンツオイゲンのものですが。。

こんなプレイを、ビスマルク相手にやってみたいです。

現在、Tier7のヨルクを持っています。たぶん、1ヶ月後にはTier8のアドミラル・ヒッパーに成長している。。かもしれません。

 

7位、副砲特化ビスマルク

副砲特化していないビスマルクの副砲の射程は7Kmです。副砲特化しているビスマルクの10.6Kmですから、10-7Kmの距離で戦うと、敵のビスマルクを圧倒できます。

 

「ビスマルクキャンペーン」の結果

以前の「グラーフ・シュペー」も完遂できませんでしたが、今回の「ビスマルクキャンペーン」も完遂できませんでした。

「ドイツ艦を3隻見つける」とかの条件を達成するために、唯一の駆逐艦峯風で何回も出撃しましたが。。ぜーんぜんドイツ艦が出てこない。

せいぜい、T-22が1隻現れた程度です。

まあ、ビスマルクを持っているからどうでもいいですけど。

 

LINEで送る
Pocket